FC2ブログ


八王子のとあるアートスタジオ。

舞台美術や店舗装飾などを手がけているようで、たまに通ると季節感溢れるディスプレイで楽しませてくれます。

今日はこんな感じ(*^^*)








にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。



スポンサーサイト



パンを食べていた私に近づいてきて、匂いを嗅ぐだけではおさまらず、こうなりました。






目がヤバイです(>_<)

うちは人も猫もかなりワイルド。

もし飼い主がいなくなっても、ちゃんと生き延びてくれるでしょう(^o^)

これでも、もう1匹の猫にはとても優しいんですよ。

「強く逞しく優しく」

私も見習いたいです(^o^)





にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


睡魔に勝てず、中途半端に触れた大島紬の話題。

先日の記事は こちら


紬といえば、結城紬と並んで必ず名前が挙がるのが大島紬です。

着付けを習い始めた頃、「いつかは大島!」「いつかは結城!」とよく聞いた気がします。

紬についての知識もなかった私は、「いつかはクラウン」みたいなものかーと思っていました。

世代がバレますね(^_^;)

いえ、隠してもいませんけど…。

私の歳の話はどうでもよくて、大島紬の話です(^_^;)

紬というのは紬糸を使って織った、節があったり、ザラッとしていたりする着物です。
(なんてアバウトな説明(>_<))

大島紬も昔はそうでした。

が、今の大島は生糸で織られています。

ツルンとしてますよね。

大島紬の技法は残しつつ、大量生産できるように機械を使うようになり、紬糸より丈夫な生糸を使うようになったと、きもの屋時代の店長に聞きました。

勤めていた店に「大島紬を洗いたいのですが」とお客様が持っていらしたのが昔の大島だったのです。

それがザラザラした風合いで、一目見て、「柄は大島風だけど、これって大島紬じゃないよねー」と思ったわけです。

ホントにお恥ずかしい話で(>_<)

その日、初めて店長の話を聞いて、大島紬は今と昔で全く別物だということを知りました。

ただ、これまで人気のあった「大島紬」という名前はそのまま残したそうです。

なるほどー。

これは聞いた話なので、歴史的背景や、年代などには触れていませんが、「大島紬  紬ではない」などと検索すると、いろいろ出てきますよ。

それ以来、私の中で大島はお召しのような存在とインプットされました。

紬だった頃からの大島特有の織柄のものは、紬としてカジュアルに、先日アップした唐草柄のようなものは小紋やお召しのような感じで着ています。

「大島って高級なんでしょう?」
とよく聞かれますが、私が持っているものは頂き物とリサイクルだけ(^_^;)

何度も袖を通されて、洗い張りをして、大事にされてきた大島は、さらに柔らかく着やすくなっていて、着心地がとてもいいです(*^^*)

軽くて丈夫なのが特徴ですから、私が着倒してもまだまだ誰かに残せると思います(^o^)

着物になるまでに、何人もの職人さん達が関わり、気の遠くなるような工程を経て作られていることを知ると、単純に「高い」とは言えない気がします。

ただ、分不相応な買い物は身を滅ぼしますので(^^;;

何十万、何百万もする洋服を買う余裕のある方々には、ゼヒ買って頂いて、大島紬の素晴らしい技術を後世に残して頂ければなぁ…なんて完全に人任せな私でした(>_<)

もし、新しい反物から誂えられるラッキーな日が来るとしたら、奄美大島に行って、作業現場を見て、「この方が作った大島を着たい!」と思えたときに買いたいです。

いつそんな日が来るのかわかりませんが、考えただけでワクワクする話ですo(^▽^)o













にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。





今日は挙式リハーサルだーと、出勤してみたら、成人式の前撮りもありました(^_^;)

まず、成人式のY様をお迎えして、ヘアメイクをしている間に着物や小物の準備。

それから、5階にダッシュで上がり、ご新郎様のタキシードの支度です。

部屋に入ると、モデルさんかアイドルかと思うような美男美女のお二人で、ビックリ!

ご挨拶をして白のタキシードに着替えて頂いたら、また美容室に戻ります。

次は、ヘアメイクを終えたお嬢様に振袖の着付けです。

素直で可愛らしいお嬢様が選んだのは、黒地にピンクのお花がたくさん描かれた振袖でした。

ピンク大好きとおっしゃるY様。

半衿もピンクの刺繍衿で、黒い着物を甘ーく着こなしていらっしゃいました(*^^*)

好きなものを身にまとうと、表情も明るくなってかわいさ倍増ですo(^▽^)o

一緒にいらしていたおばあさまからのご要望は、後ろのおはしょりからヒップの上まではシワなくビシッと、ヒップラインが出ないようにとのことでした。

補正は薄いタオルを前と後ろに1枚ずつ。

あとは千円札くらいの大きさのコットンを1枚。

おはしょりだけでなく、前も後ろもシワのない仕上がりに、おばあさまからもOKを頂きました(^o^)v

Y様の前撮を見届けられないまま、リハーサルのご新郎新婦様の和装のお支度の時間です。

まず、紋服の着付けから。

黒い紋服をお召しになったご新郎様、「白の着物に決めたような気がするんですけど…」とおっしゃいます(◎_◎;)

衣裳の伝票には黒と書いてあるけど…。

内心焦りつつ、衣裳室に確認。

衣裳室の控えを見ても、黒の紋服でご新郎様のサインを頂いていると言います。

こうなると、どこでどうなったかはわかりませんが、ご新郎様ご本人が「白」とおっしゃるのですから、白い紋服と交換して着付け直しました。

お待たせしてしまって、ご迷惑をおかけしたのに、
「衣裳を入れ間違えた人って、後で怒られます?怒らないであげて下さいー。」
とスタッフを気遣って下さる優しいご新郎様なのでした(^o^)

ご新婦様はピンクの華やかな打掛。

美男美女のお二人が並ぶと本当に絵になります!

いろいろハプニングはありますが、最高の笑顔を見ることができるこの仕事はやめられませんねーo(^▽^)o




にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。



昨日まで昼間は暑いくらいでしたが、急に寒くなりましたねー。

袷でも着てみようかという気になってきました(今頃?)

というわけで、高円寺の豆ぶどうさんの夏のセールで一目惚れした大島紬にやっと袖を通せました。




大島は好きですが、黒はあまり選ばない私。

でもこれは別!

織り柄が唐草なんです♪( ´▽`)

唐草好きにはたまりません(*^^*)

そして焼箔のなごや帯にも一目惚れでした。

前から見ると割と地味ですね。

後ろはインパクトありますよ。




こういうゴージャスななごや帯は大好きです。

紬に箔の帯?と思われるかもしれませんが、「大島紬は紬にあらず」ですから(*^^*)


iPhoneを前にいつの間にかウトウトしていたらしく、日付けが変わってしまいました(>_<)

詳しくはまた書きます。





にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。












気になっていた「岩下志麻のきもの語り」(岩下志麻 著 ブックマン社)を見ました。


立ち読みですが(^_^;)

岩下志麻さん、すみません(>_<)


とにかく貫禄がすごいです!
そして、若い頃も今も美しい!

女優さんの着物ですので、衣裳としての役割が大きいですよね。

1度しか袖を通してないものも多いと書いてありました。

「なんてもったいない!」と思う私には、確実に着こなせませんね(^_^;)

「極妻」の裏話では、プロだなーと感動し、ご自身の婚礼衣裳を次々と貸し出した話も、人柄が伺えて感動しました。

正確な文章ではないですが、(なんせ立ち読みですから…)
「歳をとったらざっくりと着物を着たいと思っていた。でも、やっぱりシワが許せない。」
というようなことを書かれていて、着物が好きな方なんだなぁと。

今までは「キレイな女優さん」というイメージしかありませんでしたが、出演作品をじっくり見てみたくなりました。

目の保養をさせて頂き、ありがとうございました(*^^*)




にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。











久々に猫写真です。

涼しくなってくると2匹一緒の時間が長くなります(*^^*)

オットはネコの写真を撮るのが上手いのですが、私にはなかなか難しい(>_<)

2匹同時のカメラ目線を捉えるのは忍耐が必要ですね。

気まぐれなネコたちより先に、私が飽きてしまいます(^_^;)

猫よりマイペース?




にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



21日に書いた、「モダンきもの in ISETAN 」には結局間に合いませんでした(>_<)

ちょっと残念ですが、仕事が忙しいのはありがたいことですね。

先輩たちにはいつも
「Bettyちゃんは、趣味で仕事してるんだもんねー。」
と言われます(^o^)

確かに…(^_^;)

着物、着付け、そして何より人が好きです。

私が行っている結婚式場は、美容室と一般の更衣室やロッカールームが同じ階で隣接しているため、着替えるだけの方や、荷物をロッカーに入れるだけの方たちもたくさんいらっしゃいます。

そして、そこに立っているといろんなことを聞かれるのです。

「お手洗いはどこですか?」から始まり、「着替えたらどこに行けば?」「新郎新婦に会いたいんだけど…」「アイロンを借りたい」「ネクタイ忘れた」「ポケットチーフの入れ方がわからない」などなど、面白いくらいお声がかかります(^o^)

ネームプレート付けて立っていれば、みんなホテルのスタッフですから、当然ですよね。

着付けと関係ないことで、しょっちゅう走り回っています。

そういうマニュアル通りにいかない仕事が好きだったりするんですよ。

逆に、デスクワークはすぐ眠くなってしまいます(^_^;)

趣味が仕事なんて、贅沢な話ですねo(^▽^)o





にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。






今日も結婚式場に行ってきました。

出勤してすぐ、その日の予約表を確認すると、一人のお客様の欄に注意書きがあります。

「去年、別の結婚式場で留袖を着付けてもらい、苦しくてトラウマに。苦しくない着付けをお願いします。」とのこと。

衣装室で留袖をレンタルされた際におっしゃったようです。

トラウマになるほど苦しいなんて、本当に辛かったでしょうね。

メインの着付けには先輩が入って下さったので、私は後ろに入りました。

紐をかける度に「大丈夫ですか?」と確認しながら着付けていきます。

先輩の着付けなら苦しくはならないと思いますが、「着物は苦しい」という記憶があるので、心なしか不安な表情のお客様。

美容室の入り口でお見送りする際、
「今は大丈夫でも、もし後で苦しくなるようなことがありましたら、お近くのスタッフにお申し付け下さいね。
すぐに美容室から駆け付けます。
我慢だけはなさらないで下さいね。」

とお伝えすると、やっとホッとした笑顔を見せて下さいました。

ちょっとしたことですが、我慢しなくていいんだと思うだけで、安心してラクになることってありますよね。

着付け師としてというより、ただの着物好きとして、せっかくのお祝いの日に着物を嫌いになるような思いをして頂きたくないですから(*^^*)

その後、特に連絡もこなかったので、無事に過ごされたのだと思います。

トラウマが消えたかどうかはわかりませんが、「結婚式くらいは着物を着るのも悪くないわね」と思って頂けてれば嬉しいですね(^o^)




にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。




伊勢丹新宿店でこんなイベントをやっているようです。    

モダンきもの in ISETAN


さっき知ったのですが、開催期間は23日まで。

あと2日しかないじゃないですか(>_<)

私はとにかく着物が好きなので、着物があればとりあえず見たい!

骨董市、リサイクルショップ、呉服屋、デパートの呉服売り場や催事場、何でも見に行きます。

着物を見ているだけで楽しいですが、それぞれの店員さんの接客&セールストークも楽しみの一つです(^o^)

着付けを習い始めた頃は、
何もわからないので、「ふーん」「ナルホド」と疑いもせずに話を聞いていました。

素直過ぎたあの頃(-。-;

その後、売る側の立場を経験したこともあり、セールストークなのか本当にお客さんのことを考えて話してくれてるのかはわかるようになりました。(遅い?)

今ではセールストークも怖くないですし、逆に「できる販売員さん」に当たると「おっ、そうきたかー」、「この表現はうまいなー」と感心することも多いです。

そういうやり取りが楽しいんですよね。

まれに、ガッカリする接客をされることもありますが、反面教師だと思えばそれも悪くない。
その場合、買い物はしませんが(^_-)

話がズレてしまいましたね。

この気になるイベントに行けるかどうかは、土日のブライダルの仕事次第。

間に合うかなぁ。




にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。



出張着付け・着付け教室 きもののき  




プロフィール

きもののき Betty

Author:きもののき Betty
着付け師をしながら、普段もラクに楽しく着物を着て、着物三昧の生活から一転、オットの仕事で北海道・阿寒湖に引っ越し、アイヌ文化三昧の日々。どちらもマニアックな目線で楽しんでいます(^^)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック