FC2ブログ
ブログでも何度か書いている近所の肉そば屋さん。

今までは、つけ麺しか食べたことがなかったのですが、先日行ってみたら、新メニューが増えていました。

何がどう違うのか、店員さんにいろいろ質問して、「肉そば新味 」を注文。
大盛り 肉ダブルで!

オットはビールを飲みながらつまむので、1杯の大盛り肉そばと餃子10個を二人で食べるのです(^o^)

出てきた肉そば。

moblog_510cfad8.jpg

海苔の上の山盛りの粉にまずビックリ!

魚介を粉末状にしたものだそうで、スープに溶かしながら食べるのだとか。

つけ麺のつけダレは、こってりとした、豚肉によく絡むタレなのですが、それとはまた違う和風な味。

サラリと美味しく頂けました。

食べ終わってから丼を見ると、何やら私好みのものが…

moblog_725cb1f6.jpg


「脱力感」、「グルグル」、「ナゾの生物(龍ですよね?)」
全てがかわいー(*^^*)!

店員さんの目には、カラの丼に大興奮する怪しい客に映ったことでしょう(^^;;





にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。



スポンサーサイト



自分で着物を着れるようになりたいという方からお問い合わせを頂き、会いに行ってきました。

1月後半に着物を着る予定があるそうで、「今からでも間に合いますか?」と聞かれたのでモチロン「大丈夫ですよ!」とお答えしました(*^^*)v

とても素敵な方なので、着物姿を見るのが楽しみです(^o^)

詳しくは、了解を頂いたらブログに書きたいと思います。


今日の着物はこちら。

moblog_e34bc451.jpg

雨だったら大島にしようと思っていたのですが、天気予報を見ると大丈夫そうだったので、ちょっとキレイ目な色に。

遠目では無地っぽいですが、近づいて見ると…

moblog_dc373d3d.jpg

博多織の紬です。

帯も博多。

この帯、とてもよく締まってゆるまないので、何も考えずにいつも通り締めると、危険なんです(^_^;)

コートを着たら全身グリーン系(^^;;




着物を着るようになってから、ナゼか緑好きになって、気付けば緑のものがたくさん集まっています(^o^)

理由はわかりませんが、私にとって落ち着ける色であることは間違いありません。

そのうちタンスの中が緑一色になってたりして(^_^;)




にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。


昨日の仕事は挙式4件と七五三1組でした。

七五三のお客様、Kくんは、最初に羽織り袴を着て、2着目に水干(すいかん)を着ました。

水干は、こういう感じのものです。

moblog_7632b934.jpg
(画像はお借りしました)


とても人懐こい子で、着付けの間もおとなしくしてくれていましたが、撮影が終わって戻ってきたら、「暑い!」と言って、一生懸命脱ごうとしていました(^_^;)

5歳のKくんにとっては、七五三の意味などわからないですよねー。

洋服に着替えた後、みんなで美味しいものを食べに行くことが楽しみだったよう(^o^)

今年の七五三の予約は、昨日で全て終わりました。

ありがとうございましたo(^▽^)o


家に帰ってから、着替えた着物は…

moblog_a99d2a04.jpg

いつものウールに、猫柄の手拭いを衿にかぶせただけの半衿(^^;;

縫っても、留めてもいません。

半衿と呼べるのか(^_^;)?

寒い時期の部屋着物は、衿を全く抜かずに着ているので、割とおさまりはいいみたいです。
これで寝ても特に問題なし(*^^*)v

仕事で着付ける着物と、帰ってからの着物。

全く違って当たり前なんだと、実際に自分でいろいろ試してみて、やっと実感としてわかってきました。

結婚式場で花嫁さんが着せてもらうドレスと、家でくつろぐスウェットやパジャマとの違いだと思えば、ラクさ加減が伝わるでしょうか?

洋服の部屋着は絶対公開できませんが(・_・;



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。


振袖部門も50名の選手がエントリー。
留袖部門より、若い選手が多いように思いました。

留袖の審査項目に加え、ヘアメイクも競技に含まれます。

控え室競技80分(ヘアメイク60分、補整~長襦袢まで20分)、
舞台競技20分です。

こちらも全員を見ることはできないので、近くの選手を集中して見てました。

長襦袢姿のモデルさんたちを見ると、花嫁着付けで使う伊達巻きを使っています。
私から見える範囲の方は全員。
長襦袢も三河芯にさらに差し込み芯を入れてある様子。

これなら、着物を着た上半身はシワなくキレイにならないとおかしい、というくらい。

どちらかというと、補整と長襦袢までの過程が見たいんですけどね(>_<)
長襦袢の中を透視するかのようにじーっと見て、どんな補整なのかを想像するのみ(^_^;)

留袖と違って、振袖は生地や色柄がバラバラです。
シワが目立つ振袖と、ほとんど目立たないものの差がはっきり出ていました。

moblog_040a9596.jpg


帯を結ぶときは後ろに回るので、客席からは見えません。
この頃になると、
「あの振袖かわいい!」
「あのモデルさんかわいい!」
と、着付けに全く関係ないところで先輩と盛り上がっていました(^_^;)

moblog_cf3954ab.jpg


私たちは客席で気楽にあーだこーだと言っていただけですが、選手の皆様、ずーっと立ちっぱなしのモデルの皆様、本当にお疲れさまでした(^o^)

競技が終了してから審査結果まで1時間あるというので、結果に興味がない私達は、ここで会場を後にしました。

審査員の方が選ぶ着付けと、お客様に満足して頂ける着付けが一緒とは限りませんよね。

荘司礼子先生が「大事なことは、お客様が困らないような着付けをすること」とおっしゃっていました。

例として、
「裾が落ちてくるのは困るから、腰紐はしっかり締める」
「衿元は一番目立つので、ご自分で触る方が多い。そのときに衿が全く動かないような着付けでは困る」
などを挙げられていました。

「衿元が動く着付け」を勧められたことは、今までにはありません。

ますます先生のファンに(*^^*)

毎回同じ着付けでなく、どんな風に着たいか、どんな動きをするのか、お客様が何を重視しているのかを探って、それに合わせられるのがプロなのでは?と思います。

技術と知識と柔軟な頭を持った着付け師になりたいです(*^^*)



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。




前回の続きです。

講習会の後は競技会場へ。

この選手権は、当日の抽選でモデルと衣装が決まります。

初めてお会いする方、初めて見る着物や帯。

選手の判断で、そのモデルに似合う着付けをしなければなりません。

自分でモデルを用意するコンテストとは違い、より現場に近い技術を競う大会のようです。

前列の審査員席には着物姿がズラリ。


moblog_57436ca9.jpg


控え室での競技(補正と長襦袢まで)を終えた、50組の選手とモデル計100名が次々と入場してくると、ステージだけでは収まらず、最前列の方たちは観客席のすぐそばまで迫っています。

観客席の一列目は審査員席ですので、選手の方の表情も緊張気味。

学生さんからベテランっぽい方まで年齢層も幅広いです。

舞台競技は留袖に二重太鼓。

控え室競技15分、舞台競技20分。
時間はたっぷりありますね。

でも、スペースが狭いので、隣の方にぶつかる方もいたりして、大変そうでした(>_<)

moblog_d30eb968.jpg


私の席から全体を見るのは難しい、と早々と諦め、よく見える3、4人の方に注目することに。

使う小物は自由のようで、それぞれ使い慣れたもので着付けをしていました。

おはしょり芯を入れている方もいます。

私は使ったことがないので、どんな仕上がりになるのか、興味シンシン。

芯の材質にもよると思いますが、私が見た方たちは芯が入っているのがすぐわかる感じでしたね。

立ち姿でわかってしまうのでは、動いたら体に馴染まず不自然に見えますよね。

仕事で取り入れたいとは思いませんでした。

撮影用には便利なのかもしれませんね(^o^)

競技が終わると選手は退場して、審査開始。

審査項目は
・黒留袖にふさわしい品格のある装いであること
・モデルに似合い、トータルでバランスのとれた着付け、帯結び
・動きやすく、着崩れしにくい着付け
・技術者としてのマナー

の4点。


moblog_81c8c28a.jpg

右のジーンズの男性は審査員のトニー・タナカさん。

審査員は10名くらいでしたでしょうか。
美容業界、ブライダル業界などの方々と荘司礼子先生です。

これは審査員の好みでかなり判定に差が出そう(^_^;)

着付け教室の試験ではないので、cm単位の着付けは意味がないですし、モデルさんに似合うかどうかもそれぞれの感性次第ですよね。

ですので、その間、自分基準で勝手に審査。

私の好みに合う着付け、そうでない着付け、いろいろ見ることができて本当に勉強になりました。

結果発表は一番最後でしたので、引き続き振袖部門です。

また長くなってしまいましたので、その3に続きます。




にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

moblog_71dad320.jpg


武市昌子杯 着付け技術選手権を見にいってきました。

留袖部門と振袖部門があり、それぞれ50名の選手が技術を競います。

競技は13:00開始でしたが、11:00から「成人式の着付けと帯結び」講習があると聞いて、10:30に会場入り。

早目に行ったつもりだったのに、立ち見でした(>_<)
熱気がすごい!

講習は国際文化理容美容専門学校 渋谷校校長で、今大会の実行委員長でもある荘司礼子先生。

初めてお会いしましたが、とてもステキな方で、すっかりファンになりました(*^^*)

一つ紋の色無地に金糸で吉祥文様の袋帯をお召しで、装いはフォーマルなのですが、とにかく自然なんです。

ビシッとした着方ではなく、体に馴染んでいて、でもグズグズではない絶妙なバランス。

いい意味でフツーでした(*^^*)

見た目だけでなく、お話もおもしろいんですよ。

表現が難しいのですが、「上品な毒舌」という感じ?
師匠である武市昌子先生のことや、お弟子さん、生徒さんのことなどを愛のある毒舌で語られていました。

「着付けの要は腰紐と帯締め」という話の中で、
「疲れて家に帰ったときは、着物を脱ぐ時間があったら、このまま寝たいと思うんです。
ラクに着て、腰紐と帯締めさえしっかり締めておけば全然崩れませんよ。
何がいいってあなた、目が覚めたら、立ち上がればそのまま出かけられるじゃない?」(爆)

私も着物で寝ますが、さすがに色無地&袋帯で寝たことはなかったです(^_^;)

帯結びをチャチャッと5種類くらい披露して下さったのですが、その説明も脱力感たっぷりでした。

moblog_80728c34.jpg

横を向かれていますが、荘司礼子先生です。



極めた方のテキトーさに魅了されっぱなし。

この講習会だけで、あー来て良かった!と思えました。

長い一日だったので、続きはまた書きますね。




にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。




去年から何度か七五三のご依頼を頂いている、八王子の美容室 Cafuさんから、嬉しい報告が届きました。

7歳のHちゃん、「着物が気に入ったらしく、家に帰ってからも脱ぎたくない」と言ってくれたそう(*^^*)

「脱ぎたくない」とお子様に言ってもらえるのは一番嬉しいですねーo(^▽^)o

お子様は正直ですから。

去年、ひとつ年上のお姉ちゃんの着付けにも伺っているのですが、同じ着物を、また違った雰囲気で着こなしていて、かわいかったです(^o^)

その日のことをお母様がブログに書かれていました。

私はいい写真が撮れてなかったので、そちらをご紹介させて下さいね。

そのときの記事はこちら

私のことも紹介して下さっていますが、褒め過ぎですよー/(//∇//)/

ありがとうございます。


Cafuさんは、八王子にある美容室と雑貨のお店です。

かわいい雑貨たちが並ぶ明るい店内は、初めてでも居心地がよく、くつろげる空間(*^^*)

ドアを開けると、オーナーご家族のステキな笑顔に癒されます(^o^)

Cafu(カフー)ホームページ




にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。


「芹沢銈介展」に行ってきました。


moblog_9ce8b308.jpg


豆ぶどうさんが、ブログで紹介されているのを見て、絶対行きたい!と思っていたんです(^o^)

そのときの記事はこちら

昨日が最終日で、なんとか間に合いました。

芹沢作品に使われる色は私の好みのものばかりで、「これが帯だったらステキだろうなぁ~」と妄想が膨らみます。

着物ではなく帯にしたい!

現実には無理ですけど(>_<)

大胆だったり繊細だったりする文様は、どれも人柄が伝わってくるような気がして、ニコニコしてしまいます。

周りから見たら、作品の前でニヤニヤしている変な人だったかもしれません(^_^;)

展示ホールに入ると、真ん中にソファーが並べてあり、「珍しい美術館だな」と思いましたが、ひとつひとつをじっくり見た後、ソファーに座ってみると、
これがまたいいんです!

インテリアとして芹沢作品を壁にかけてある部屋に、遊びにきたような感じ。

とても贅沢な気分を味わえました(*^^*)

全てが魅力的でしたが、「微笑観音像」はなんとも言えない優しい表情が描かれていて、印象に残りました。
写真がなくてうまくお伝えできないのが申し訳ないです( ; ; )

「四季曼荼羅図二曲屏風」も目の前で見ると迫力ありましたねー。

moblog_46f5c5a1.jpg
(画像はお借りしました)


本当に行ってよかったです。

豆ぶどうさん、ありがとうございました(*^^*)




にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。


先日チクチク縫った赤い半衿。

moblog_0ac042f4.jpg


これを基準に着物、帯を選んでみました。

moblog_ecd5c339.jpg


茶色の大島に、赤・黄・黒の大胆な配色が気に入っている紬地のなごや帯です。

なんとなく秋色(^o^)

昨日の昼間は暑いくらいでしたので、はおりものは何も持たずに渋谷まで行ってきました。

一緒に歩いていたオット曰く、
「着物ってすれ違う人みんなに見られるから、周りを気にしない人じゃないと着れないね。」と。

私のことらしいです(・_・;

確かに私はボーッと歩いているので、気にならないですが(^_^;)

そんな話をしながら向かったのは松濤美術館。

何を見てきたかは、次に書きますね。




にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

やっとマスクなしで仕事ができた昨日。

列席の方の着付けを終えたところに、「至急、ご新郎様のお支度お願いします!」と電話がかかってきました。

B1から5階まで階段を駆け上がり、部屋のドアの前で少し息を整えて、「よしっ大丈夫!」と入ってお支度開始。

途中まではよかったのですが、ご新郎様の靴紐を結び直すときにしゃがんだら、右足がつったのです(>_<)

お支度完了時間ギリギリなので、内心焦りつつ、左足に体重をかけて靴紐を結び、左足の力だけで何とか立ち上がりました。

たぶんバレなかったと思うのですが…(^_^;)

先週、着付け師仲間が「最近、毎日足がつるんだよね」と話していて、「病院に行った方がいいよ」と言ったばかり。

水分不足だという説もありますが、どうなんでしょう?

ただの運動不足(^_^;)?



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。
プロフィール

きもののき Betty

Author:きもののき Betty
着付け師をしながら、普段もラクに楽しく着物を着て、着物三昧の生活から一転、オットの仕事で北海道・阿寒湖に引っ越し、アイヌ文化三昧の日々。どちらもマニアックな目線で楽しんでいます(^^)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック