FC2ブログ

今日は出張きもののき でした。

昨日の夜までは単の着物を着るつもりだったのですが、朝はけっこう涼しかったので軽めの袷を着ることに。

moblog_ccbc7af4.jpg



これ、袷とは思えないくらい軽い紬で、着替えるときも、歩いてても、暑いと感じることはなく、ちょうどよかったです(^^)

曇り空で日差しがないので、いくらでも歩けそうな感じでした。


今日会ってきたのは、留袖着付けの練習をしたいという以前からの知り合いTさん。

某着付け教室を卒業してから数年。
「ほとんど忘れてるので一からやりたい」と言っていましたが、手つきを見てるとすぐできそうな感じでしたよ~(^o^)

あっという間の2時間半。

「お客様相手の着付けができるようになること」が目的なので、まずは手順を考えずに手が動くように練習して、そこからが本当の着付けの始まりです。

一人一人違うお客様の希望にそう着付け。
手順を覚えただけでは対応できないことが山ほどありますからね~。

仕事のたびに毎回勉強させて頂いてます。

人が好きなTさんなら大丈夫!

次回も楽しみです(*^^*)



帰ってからは、着物をチェンジ!

moblog_98a5b9c7.jpg


縞に蝶が飛んでいる木綿着物。

縞だけでも蝶だけでも選ばなかっただろうと思うんですよね。

けっこうしっかりした生地で、暑くなってきたら浴衣としても着る気にならないので今のうちに(^_-)


半幅テキトー結び♪

moblog_53c0c1d2.jpg



明日から6月。

夏物引っ張り出しましょうかね~(^o^)

おっと、その前に袷をどこにしまいましょう(゚o゚;;?



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト



昨日の撮影場所だった旧田中家住宅。
方向音痴な私は迷子になりそうなくらい広かったです。

どの部屋もステキでしたが、部屋ごとに違う照明が気になる私。

どれもかわいいんですよ♪

着付けをするのに使わせてもらった座敷の照明。

moblog_9ffbeb92.jpg


仏間。

moblog_7be408c0.jpg


縁側。

moblog_bf3d4e2d.jpg


洋館の3階応接室。

moblog_54862a78.jpg


これらは撮影で使った場所だけですが、他の部屋もじっくり見たかった~。


日本家屋の方のお手洗いの前にはちょっと広い空間があって、「袴脱ぎ」の場所だという説明書きがありました。

読みながら「そうかぁ、馬乗り袴だとそうなるのね~」と思ったのですが、よく見るとこの建物は昭和9年(洋館は大正12年)に建てられたと書いてあるのです。

普段から袴をはく時代ではないような…。
昭和と袴があまり結びつかなくて???

お客様が正装して集まる機会が多かったのかも?などと想像してみたのですが、気になるので、少し調べてみたいと思います(^^)

古い建物も古い着物も、興味がなければ「ただ古いだけ」のものですが、興味を持った瞬間からとても魅力的なものに変わりますね♪

あ、それは新しいものでも同じでした(^^;;

今度はプライベートで行きたいです!



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

いつもおもしろい仕事を振ってくれるOさんからのお誘いで、作品撮りのお手伝いに行ってきました。

撮影場所は埼玉の古い住宅。

3階建ての洋館と数寄屋造りの日本家屋がつながっていて、古い建物好きの私は中に入れるだけでワクワク♪

Oさん、モデルさん、カメラマンさん、ヘアメイクさん、着付けスタッフ、総勢7名で、笑顔の絶えない現場でした。
一日中笑ってたような(笑)

ニコニコを通り越してゲラゲラ笑い転げながらの仕事って、なかなか珍しいです(^o^)

こんな仕事なら毎日行きたい!

モデルのYちゃんは、本当にかわいくて、礼儀正しく、ちょっとお茶目で、今日だけですっかりみんなをファンにしてしまってましたね~(*^^*)

雰囲気のある日本庭園での撮影は、蚊との戦いでもありました(>_<)

蚊取り線香もあったのですが、蚊の大群が容赦なく襲ってきます。
やっぱりというか、一番若いYちゃんが一番の標的に(゚o゚;;

それでも、痒いのを我慢しながら笑顔とポーズは崩さず、「刺された跡、大丈夫ですか?写真から消せます?」とカメラマンさんに確認していたのを見て、プロだなぁと感心していました。

そんなYちゃんの着物姿。
撮影の邪魔にならないよう、遠目から撮っているので、隠し撮りのような写真になってますが…(^^;;

moblog_04aed5c1.jpg


moblog_9d8b2b09.jpg


moblog_480df3f1.jpg


moblog_68ef3e22.jpg


楽しい現場に呼んで頂いて、ありがとうございました(^^)!




にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。
先月、結婚式に出られる際に訪問着をお召しになったS様。

全てお持ち込みの着物だったので、小物類を確認してみると裾除けが見当たりません。

「裾除け付けると歩きにくいって聞いて、持ってきませんでした。ないとマズイですか?」
とおっしゃるS様。

久しぶりの着物を、できるだけラクに着たいと、いろいろ下調べをされたようです。

お客様がラクに過ごせることが一番ですし、問題もないので、もちろんそのまま裾除けなしで着付けました。

実は、私もプライベートでは全く裾除け使わないんですよ(^_-)

下着を湯文字にするなら使ってもいいかなーと思いますが、夏はやっぱりステテコのほうが歩きやすいかも^^;

ちょっと話が逸れましたが、そのS様から
「移動もあったし、長時間着ていたのにラクだったので…」と、また着付け依頼が(*^^*)!

昨日、お嬢様の成人式の前撮りのお支度をさせて頂きました。

「着付けは同じ人にお願いしたい」という嬉しいお電話を頂いたそうで、お嬢様もお母様も、前回と同じ先輩Iさんと私のペアで担当させて頂きます。

お嬢様がヘアメイクをされている間に、まずお母様の着付け。

「今日も裾除け持ってきませんでしたぁ♪」
と楽しそうなS様(^^)

明るいグレー地に牡丹柄の付下げと黒地の袋帯をお召しになりました。
黒地といっても、銀糸がかなり使われていて、柄の色もキレイ目な色で織られているので、重たくありません。

お嬢様の振袖はレンガ色のような渋目オレンジ。
裾はグリーンぼかしで、たたきのように金箔が散りばめられた古典的な着物でした。

お嬢様の雰囲気と着物の柄とのバランスを考えて、華やかさの中にもスッキリした感じが出るよう帯を仕上げていきます。

お嬢様の振袖姿に、お父様も「おお~!」と目を細めていらっしゃいました(*^^*)

悩みに悩んでこの振袖に決められたそうで、「やっぱりこれにしてよかった!」と満面の笑みを浮かべるお嬢様(^^)

お気に入りを身につけたときの笑顔は輝きが違いますね♪

撮影後、そのままお祖母様の家に向かわれました。

お祖母様も喜ばれたでしょうね~。

S様、ありがとうございました(^o^)



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。
今日はブライダルの仕事でした。

ご新郎新婦様は、挙式は洋装、披露宴入場時に和装にお着替えです。

挙式、集合写真の撮影の後、1度お支度部屋に戻られるのですが、あちらこちらからカメラを向けられたり、声をかけられたりして、なかなか時間通りにいかないこともありますf^_^;)

今日のご新郎新婦様も部屋に戻られたのが、披露宴開始15分前でした。

そこからご新婦様はヘアスタイルもガラッと変え、ドレスから白引き振袖にチェンジ。

ご新郎様は深いグリーンの紋服。

これがまた素敵なんですよ~(*^^*)

私が緑好きだからというわけではなく(笑)、ここの式場のレンタルの中ではダントツに生地がよくて体に馴染みますし、発色もいいのです。

着付けもしやすいですしね(^^)


ご新婦様の振袖には大きなボタンがたくさん描かれていて、着物だけ見るとかっこいい雰囲気ですが、帯周りの小物はピンク系でかわいらしさもあります。

帯を華やかに結んだら、クリップ付きの蝶々とお花を帯に付けて飾っていきました。

後ろ姿はお花畑に蝶々が飛んでいる感じです(*^^*)

ヘッドも帯の飾りも全て着物とセットになっているものなので、個性的ながらも統一感があり、ご新婦様によくお似合いでした♪

なんとかお二人を送り出して、スタッフ全員ホッと一息。

バッチリ準備しておいても毎回ドタバタになってしまいますが、それもブライダルの醍醐味でしょうね(^_-)



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。
きもののき に新メンバーが増えました(*^^*)

お祖母様がタンス4棹も着物をお持ちで、たくさん譲り受けたというUさん。

夏までに一人で着れるようになりたいとのこと。

もちろん、余裕です♪( ´▽`)

今日はお仕事帰りにお話だけさせて頂いたので、次回が楽しみですね。


もう一人は、他装の練習がしたいTさん。

ヘアメイクができる方なので、着付けができれば仕事の幅が広がりますね。


今日は雨が降りそうだったので、木綿の献上柄二部式帯。

お太鼓部分を最初からピッタリの大きさに決めて、折り返しナシの手抜きお太鼓(^_-)

moblog_9a340381.jpg


着物は昨日と一緒です。


moblog_eba58b16.jpg


着物は絹なんですけど、水に強そうな紬だし、単だし、まっいっかと着ていきました(^^;;

人にはオススメしませんよ(^^)



そして、ついに足袋まで緑です!

moblog_e6314af1.jpg

帯締めも緑だし、緑の割合がどんどん増えてきてますねf^_^;)



満員電車の中は単でちょうどよかったのですが、八王子で降りたら寒いっ!

小走りで家まで帰ってきました^^;




にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。
先月から左手が痛かったので、しばらくお太鼓を避けてきました。

お太鼓どころか、最初は紐すら締められなかったんですけど(>_<)

というわけで、1ヶ月ぶりのお太鼓にチャレンジです。

できるだけ負担がかからないように、軽い博多織の帯を用意。

軽いだけでなく、そんなに力をいれなくてもよく締まって緩まない、優秀な帯なのです。

帯枕を背中に乗せるときはやっぱり痛かったので、右手だけで上げて、すぐに前屈の姿勢で背中を倒しました。

垂れてきた枕の紐を下に引きながら持てば、帯枕は背中にしっかり付いてくれます。

最大の関門突破!

枕さえ固定できれば、あとはどうにかなりますからね~(^^)

着付け教室では「帯枕を背中に付けるときは背中を反らして」と習ったような気がしますが、私はけっこう前屈みが好きです。

元々体が固く、腕を後ろの高い位置にキープするのが辛かったので、背中を曲げて台のように使ってみたら、とてもラクだったんですよ~♪

自分で着るのですから、自分がラクな方法が一番です!


そんな今日の着物は、紬地に竹が染められた単。


moblog_b11cf595.jpg


相変わらず緑好きです(^^;;


なんとかできたお太鼓。

moblog_c2c0ea9f.jpg


仕事の後、このまま以前勤めていた呉服屋の集まりに。

今月末で寿退社するMさんと、勤続50年で先月退職した大ベテランOさんのお疲れさま会です。

moblog_93f4f1ac.jpg


辞めてから5年も経つのに、声をかけて頂いて、本当にありがたいですね(*^^*)



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。
「アドレス変更しました」というメールをもらうことってよくありますよね。

そんな1通のメールにとても感動しました。

送り主は、2年前に出張着付けを依頼されて、1度お会いしただけのSさん。

おばあさまから譲られた紬を着て、生後間もないお嬢様と写真を撮りたいとのことで、お手伝いさせて頂いた方です。

着付けも写真もご自宅で、お出かけの予定はなく、写真を撮った後はピザをご馳走になりながら、たくさんお話をして、初対面とは思えないほど図々しくくつろいでしまった記憶があります(^^;;

とてもステキな方だったので、私は今でもよく覚えていますが、わざわざ新しいアドレスを教えて下さるなんて、本当に嬉しいです(*^^*)

すぐにお礼のメールをしたところ、2人目のお嬢様が生まれたという報告と、また着付けに来て下さいというメールが(o^^o)!

なんて嬉しいことでしょう!

あの日、ピザを頬張りながら、着物に対する想いをいろいろ語っていたような気がしますが…f^_^;)

こんな変な私を覚えていて下さってありがとうございます(涙)


Sさんとお嬢様方にお会いするのが楽しみです♪



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

中野区の住宅街にある着付け師講習会の会場のお隣はオーナーさん宅。

お借りしているのは和風の一軒家ですが、オーナーさん宅は洋風でバラが満開でした。

門の外や、家の壁にもたくさんバラが咲いているので、歩きながら目の保養をさせて頂いていると…。

花の世話をされていた奥様が「よかったら庭も見ていって下さい。」と声をかけて下さいました。

お言葉に甘えて、初めて入らせて頂いた庭は、想像以上!

広い庭に色とりどりのバラが咲き誇り、バラ園かと思うほどで、とても個人のお宅とは思えません。

家のベランダや壁にもバラ、バラ、バラ!

聞くと250種類の花が植えてあるとのこと。

サボテンと多肉植物を世話するのがやっとの私は、これだけのバラのお手入れをされる奥様を、尊敬の眼差しで見てしまいます。

ほんの一部ですが、私が気に入ったバラをご紹介しますね。

moblog_b1b66765.jpg


moblog_d3b554b5.jpg


moblog_a1fbcd36.jpg






庭の片隅では川魚や金魚も泳いでいて、本当にステキなお庭でした。

記念に、と奥様が撮って下さった写真。

moblog_26bdbe45.jpg



厳しい練習の前に(ウソ)優雅な気分を味わうことができました。

奥様、ありがとうございました(*^^*)



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

2年前から参加している着付け師講習会。

違う教室で着付けを習い、違う場所で仕事をしているメンバーが集まって、和気あいあいと、でも真剣に練習しています。


昨日は着付けの前に、先生がマナー講座をして下さいました。

和のお稽古事では正座でご挨拶することが多いですが、着付け師として現場に入ったときは立ったままの挨拶がほとんどですので、立礼について。

会釈礼、敬愛礼、尊敬礼、などの違いを教わって、練習してみました。

挨拶はしているつもりでも、普段のお辞儀の仕方はどうだっただろう、と反省(^^;;

「マナーというのは、相手を思う気持ちが所作に表れるもの。控える気持ちが大切」

「基本を知った上で、その場に合わせて臨機応変に」と教わりました。

基本はあっても決まりではないというところが、着物や着付けで言われるアレコレと同じですね。

相手を思う気持ちがあれば、自分のやり方と違う着付けや着方に口を出したり、勝手に直したりなんて、とてもできないと思います。


マナー講座の後は、振袖着付けの練習です。

最近新メンバーも増えたので、補整、腰紐の締め方、おはしょりの作り方、など基本的なところを先生にチェックして頂きました。

今までと違う「ずん胴でなく体のラインを活かす着付け」という要望に応えるために、少ないタオルでそれぞれの体型に合った補整を考えたり…。

振袖のような晴れ着の着付けで、そんな要望があるのは私としては嬉しいです(*^^*)

私は新メンバーのMさんとペア。

新メンバーと言っても、着付け師歴は私より先輩です。

手際のよさが際立っていました。

それと、胸紐の締め具合が絶妙で、今まで経験したことのない感じなのです(^^;;

モデルになると本当に勉強になりますね。

夢中で練習しているとあっという間に4時間!

下は脱ぐ前に慌てて撮った帯の写真です。

moblog_3ab5e2de.jpg



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。
プロフィール

きもののき Betty

Author:きもののき Betty
着付け師をしながら、普段もラクに楽しく着物を着て、着物三昧の生活から一転、オットの仕事で北海道・阿寒湖に引っ越し、アイヌ文化三昧の日々。どちらもマニアックな目線で楽しんでいます(^^)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック