FC2ブログ
朝の続きです。
 
私が通った2つ目の教室の教科書。
「留袖の着付け」のページに

「長襦袢は白紋綸子、紋縮緬の白が正式ですが、若い方など淡い色の無地ものならよいのです。」
「帯締めは羽二重の白の丸ぐけが正式ですが、白無地、金銀の水引のもの、紫などもよいのです。」

とあります。

紫!!(◎_◎;)
初めて知ったぞ~!
長襦袢も色物OK?
へぇぇ~と、一人でビックリしてました^^;
今まで教科書読んでなかったのがばれますねf^_^;)

パラパラと見てみると、この教科書、今ではなかなか貴重かも。

おはしょりは舟底形や左下がりに整えると書いてあります。
今はまっすぐおはしょりが主流でしょうから、「ナナメになってますよ」と突っ込まれるかもしれませんね(笑)

何も知らなかった頃より、今見る方が面白いので、じっくり読み返したくなりました(^^)

結局、白でなければならない理由には辿り着けず( ;  ; )
マナー講座で教わった「日本では古来から白が最上位の色だった」というところに落ち着くのでしょうか?
気になります。

本でわからなかったので、今までに招かれた結婚式の写真を見ていくと、黒留袖に淡いグリーンの帯締め帯揚げの方、赤い帯揚げに赤い重ね衿(白い比翼も有り・帯締めは白)の方を発見!
当時は着物に興味がなかったので、見逃したというか記憶にも残ってませんでした(^^;;
色にどんな意味があるのかお聞きした~い!
特に意味はないと言われるかもしれませんけど、それならそれで(笑)


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト




先週末は挙式が3件、黒留袖の着付けが6名でした。

そのうち半数の方の帯締め・帯揚げがピンクやオレンジだったんです。

「当日お持ちいただくもの」は、ホテルから事前にお知らせしてあるはずですが、改めて見てみると、「留袖用帯締め、留袖用帯揚げ」という書き方になっていました。

着物に関わる仕事をしていると「黒留袖の小物は白」というのは当たり前のように思います。
でも、着物を着る機会がない方にとっては不親切なご案内ですね(>_<)

事前にお預かりしてチェックしない以上、色の明記はもちろん、全ての小物を写真付きで説明するくらいはしてほしいなぁと思います。
早速、改善してもらうよう提案しました。

せっかく用意してお持ち頂いたのに、「これは使えません」と言われたらイヤですよね。
絶対にそんな言い方はしませんけど、お客様は「(事前に)聞いてない」「使えないって言われた」と思われて当然。

そもそも何故白なのか?
家中の着物本をひっくり返してみても、ネットで検索しても、「黒留袖の小物は白が決まりです」と断定的に言われていることが多く、根拠がよくわかりません。
「格が高いから」というのは納得がいく理由にはならず、なぜ格が高いのか?という疑問が残ります。

一晩では理由はわからずじまいでしたが、着付け教室の教科書に驚きの記述がありました!

あっ、もう朝になってしまったので、続きは仕事の後にしますf^_^;)



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。
昨日は八王子の花火大会!
仕事帰りにたくさんの浴衣姿の方を見ることができました♪

私は会場には行かず、友人宅へ。
友人が住んでいるマンションの大家さんが、1日だけ屋上を開放して下さるのです(*^^*)


始まった直後の花火。

moblog_a04e32fe.jpg

手すりごしですみません(ーー;)
19時開始では、まだ明るいですね~f^_^;)


徐々に暗くなり…

moblog_1d3941b4.jpg


キレイに見えるようになりました(^^)

moblog_2406b408.jpg

moblog_d9549db2.jpg


特等席に招待してくれてありがとう!

昨日着てたのは、朝顔柄浴衣に博多半幅帯。

moblog_c5a131d0.jpg



ゆったり過ぎて、帯に扇子や携帯を挟むと、下から出てきてしまいます(^^;;
でも、浴衣が絞りなので、紐や帯がなくても平気!なくらい滑りません。
逆にピタッと着ると歩きづらいです。

これは呉服屋勤務のときに社割で手に入れました(^^)v
「有松絞りで花火大会」というイベントを毎年やっていて、5月くらいから有松絞りが数十反店頭に並ぶんです。
スタッフ全員、1枚は持っていましたね。
反物を初めて見たときは、「このコロコロしたものは何だ?」という感じでしたがf^_^;)
絞ってあるので、反巾は狭くなり、厚みが増すんですよね。
きっちりと巻かれた着物や浴衣の反物と比べて、愛嬌のあるかわいらしいフォルム。
何年も着ていますが、肌触りも色柄もお気に入りです(^o^)



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。
明治時代初期のおもちゃ。

moblog_6423b11d.jpg


着せ替え人形かと思いきや、着物ではなくかつらを替えるんですね!?(・_・?
着物の色や柄を替えれば、かなり印象も違ってくるでしょうが、髪型だけではどうなんでしょう(^^;;?
でも、これで盛り上がっている場面を想像すると面白いです(笑)

調べると、日本髪=髷(まげ)は数百種類もあるのだとか!(◎_◎)

大きく「兵庫髷系」「島田髷系」「勝山髷系」「笄(こうがい)髷系」の4つの系統に分けられるそうです。

日本髪と言えば、花嫁さんの文金高島田は有名です。(そして、それ以外知らないf^_^;))
これは島田髷系ですね。
笄髷以外は遊女由来だそうで、それがいつ頃から、どうして、花嫁さんの髪型になったのか興味深いところです(^^)

あ、また調べものリストが増えてしまった(^^;;



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

この夏は、着物を着るときにエアコンを使っていません(^^)v
というかエアコンの調子が悪いので(風は出るけど涼しくない)、使えないだけなんですけど(>_<)
修理してもらおうと思ったら、買うのと変わらないくらいの金額になると言われました( ;  ; )
今月は出費が多いので、とりあえず放置。

暑いと、必然的に着替えは手早く、着方はゆったりになりますね。
いつものテキトーさに拍車がかかっただけ(^^;;?



moblog_abe4879f.jpg

麻の着物に博多の半幅帯。
帯は96歳で亡くなった夫のおばあちゃんのもの。
新品未使用のまましまってあったそうで、譲って頂きました。

フォーマル着物の着付けでは当たり前の「空気を抜く」という作業を一切せずに着てみました(^o^)
腰紐以外はどこも締めてないので、風が通って涼しいです。

この日は、KさんSさんと自由が丘をお散歩。
アレもかわいい!コレもかわいい!と言いながらウロウロ。
歳もタイプも全く違う3人ですが、不思議と趣味が合うんです♪


moblog_6e2af727.jpg

塩麹や…



moblog_6eef719a.jpg

オレンジ風味のオリーブオイル。


ん?
かわいいものがたくさんあったのに、結局、買ったのは口に入るものでした(^^;;



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

八王子にある「うつわや 蔵」さん。

味のある陶器が揃っています。
うつわだけでなく、麻や木綿の服やストール、アクセサリーなど、和とアジアンがほどよくミックスされてる感じ♪

このお店でいいもの見つけました(^^)


moblog_a5b51150.jpg


moblog_f9d39abb.jpg


「麻100% タペストリーやコースターに」と書いてあったのですが、見た瞬間から夏帯にしか見えず(^^;;
幅は10cmほどで、ちちぶ帯(7cm)と半幅帯の間くらいです。

moblog_76fc31f6.jpg


胸紐なしで高めにゆるーく巻いてみました。
ちちぶ帯より軽い!伊達締めより涼しい!
夏の部屋着に決定♪( ´▽`)!



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。
昨日は挙式が3件ありました。
ご新郎新婦様は洋装のみ、着付け予約も少なく、ご両家のお母様のみ。

1件目のS様は、ステキな紺のワンピースでいらっしゃいました。
「麻が大好き」で、身につけているもの全てが麻だとおっしゃいます。
そんな涼しげな服装から留袖にチェンジ!
「真夏に袷の着物は暑いですよね~^^;」
と言いながらの着付けです。
冬でも肌に触れるものは麻が多いというS様に、木綿の肌着とポリの長襦袢は暑かったことでしょう( ;  ; )

つい着物のことばかりに目がいきますが、お父様のモーニングも一年中一緒で、夏に着るにはしっかりし過ぎな素材です。

ご新郎新婦様の衣裳もそうですし、考えたらスタッフの制服もそうでした(^^;;

ホテルは季節感のない所だったんですね~。
(気づくのが遅い?)
一年中快適な温度設定が大前提な衣裳たち。
節電に力を入れるということは、夏は暑い、冬は寒いという当たり前の状態になるわけですから、季節にあった衣裳を考える必要があると思います。

最初から屋外ウエディングとわかっている場合、気温や天候を気にしながら、ご自分で着るものを選びますよね(^^)
八王子のように暑い地域では、「ホテルの中なら、夏でも袷の着物で大丈夫!」というのはそのうち廃れるかもしれません(^_-)
というか、そうなった方が自然な気がします。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

先輩着付け師のKさんとOさんが着付け技能検定1級の学科試験に受かりました。

自己採点ではほぼ満点に近かったようなので、受かることはわかってたんですけどね(^^;;

学科の次は実技試験。

モデルは各自用意しなければならないということで、私はOさんのモデルになることに。
試験課題は振袖にふくら雀なんですけどね(~_~;)
モデルは採点に関係ないとは思いますが、振袖が似合う体型じゃないので、やっぱり若い方の方がいいですよね~。
帯がお太鼓系なのが救いです(笑)

実技の審査は定規であちこち計られるそうです。
怖いですね~^^;

着付け技能検定は今年で3回目のまだ新しい検定。
着付けに関わる方ならご存知だと思います。
数年前に「着付けが国家資格になるらしい!」
「今まで着付けしていた人が仕事できなくなるのでは?」
などと、ネット上でもかなり話題になっていました。
実際は国家資格ではなく、国家検定。
全日本着付け技能センターのホームページを見てみると、
「合格しなければ仕事ができないというものではありません。」

「各団体の資格制度に取って代わるとか、どちらが上か下かという性格のものではありません。当然のことながら、各種流派や各団体組織が行う資格制度、講義等を損なったり、その自由な実施を妨げたりするものでもありません。」


と書いてありました。
うーんf^_^;)
着付け教室に気を遣っているのでしょうか。

いろいろ読んでもあまりピンとこない私でしたが、先輩Kさんは「着付けで◯cmなんて普段やらないけど、お客様がおはしょり◯cmにして下さいって言ったと思えば、やるしかないじゃん。」とアッサリ。
おー!さすがです(◎_◎;)
お客様中心で考えられるかどうかが大事ですよね。
そう思えばやる気も出ますし、興味が出てきました(^^;;



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

紅型の小銭入れ。

moblog_eaef9d89.jpg



ギフトカード。

moblog_60edba81.jpg



先輩着付け師のKさんから頂きました。
サントリー美術館で開催中の紅型展に行かれたそうです。

紅型大好きです(*^^*)
鮮やかな黄色や赤のイメージが強いかもしれませんが、色数少なめなものもいいですね。
特に藍一色のものは飽きずに眺めてしまう程好きだったりします。
残念ながら持ってはいませんf^_^;)

紅型だけでなく、沖縄の染めや織りは魅力的なものが多いですね(^^)

Kさん、ありがとうございました♪



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。
3連休は暑かったですね~。
昨日の八王子は36.5℃だったとか(゚o゚;;
そんな連休中もブライダル着付けの仕事がありました。

この時期は浴衣でも暑い、Tシャツ1枚でも暑いですよね。
ホテルも節電中で空調の設定温度も高めですし、会場の高砂席はスポットライトで照らされてさらに暑いのです(>_<)

それなのに、打掛…。
とにかく、ご新婦様の体調が心配になります。

これは、選んだご新婦様のせいではないんですよ(^^;;
着物を着ない方にとっては、ドレスも打掛も婚礼衣装であって、季節に関係なく好きなものを選ばれることが多いです。

衣装決めのスタッフがどういう説明をしているのか?ということなんですよね。
私が衣装スタッフだったら、夏の打掛はまずオススメしません。
「挙式当日は着ないけど、和装の写真は残したい」という方ならなんとか…というところでしょうか。
30分以内に脱いでも、長襦袢までは汗でシットリf^_^;)
これが2時間、3時間と着ていると、帯まで湿ってきます。

和装ウェディングにこだわる方は春秋の涼しい時期を選ぶといいかもしれませんね♪
冬は逆に暖房で気分が悪くなる方もいらっしゃるので、会場による違いもあり、難しいところです。

暑さに強い、寒さに強い、冷房、暖房に弱い、緊張しやすい、など、同じ環境でも感じ方は皆さん違いますよね。

ご新婦様が快適に過ごせてこそ、ゲストの方々にも気を配ることができ、皆様にとって思い出に残るご結婚式になるのでは?と思うんですけどね~(^^)

元を知らずに形だけを残すと、いろいろおかしなところが出てきて、辻褄合わせのための言い訳がもっともらしく広まって、結局、お客様に我慢を強いるようなことになってしまっているような気がしてなりません。
打掛だけの話ではなく、着物全般に関してもそうですね。

着物に関わる仕事をする私たちの言動が、未来の着物好きさんを増やすかもしれないし、減らすかもしれない。
そう意識することって大事だなぁと思います。




にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

プロフィール

きもののき Betty

Author:きもののき Betty
着付け師をしながら、普段もラクに楽しく着物を着て、着物三昧の生活から一転、オットの仕事で北海道・阿寒湖に引っ越し、アイヌ文化三昧の日々。どちらもマニアックな目線で楽しんでいます(^^)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック