FC2ブログ
今日はインフルエンザの予防接種を受けてきました。

去年はちょっと熱っぽい日に受けてしまい、翌日からめちゃくちゃ具合が悪くなったんですよね〜( ; ; )
今年は何事もありませんように!

そして明日で10月も終わり。
早いですね。

10月はいろんなお客様や、きもののき 新メンバーさんとの出会いがあり、休みはほとんどありませんでしたが、とても充実していました(^^)

来月は七五三のピークを迎え、成人式の前撮りも増えますので、一番の課題は体調管理ですね。
10月なのに暑い!と思っていたら、今週はグッと冷えてきましたからね。
とにかく寒さに弱いんです〜(^_^;)

そろそろウール着物の出番ですね♪



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト



きもののき 新メンバーのYさん。

image_20121025224233.jpg

紺地の着物がとてもよく似合っています(*^^*)

きっかけは、お子さんの七五三のときに着物を着たいと訪問着を用意されたことでした。
自分で着れるようになったら普段のお出かけにも着物を着たいそうです♪
嬉しいですね〜(^^)

3回お会いしましたが、キモノ熱が上がっているようで、行くたびに着物が増えています(^^;;

最初はあれもこれも欲しくなるんですよね〜。
私も身に覚えがありますよ(笑)

「着物屋さんの『着物は出会いですから!』『この1枚があれば!』には要注意ですよ(^_-)」
と言うと、
「あ、それ言われました!」と。

やっぱりー(^^;;
私も、着物見たさにいろんなお店に行ってた時期がありましたが、ホントよく言われるんですよね。
もちろん、お客さん側が「出会ってしまった!」と思うのなら問題なしですよ。
店員さんに「着物への愛があるかどうか」がお店選びのポイントかなーと私は思っていますが…。

そんなYさん、着物はすぐ着れましたので、お太鼓にチャレンジ!
私が帯を解いて、形を作るところを真似してもらいました。

着物でお出かけできる日もスグですね(*^^*)


この日は焦げ茶大島に比翼仕立てのなごや帯。

image_20121025224234.jpg


たまには小紋にしようと思っていたのですが、朝起きたら雨だったので、雨コート要らずの大島です。
大島ってホント優秀(笑)




にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。
先日のセミナーの続きです。

書きたいことが次々と増えて、更新が追いついてません(^_^;)


午前の部「振袖・留袖」の後、休憩をはさんで、午後の部は「花嫁」でした。

まずは洋髪で黒引き振袖のモデルさん。

image_20121024063922.jpg


次は鬘(かつら)に白無垢です。

掛下姿。

image_20121024063924.jpg

実際のお色直しのように、モデルさんは変えずに、着付けとメイクが同時進行でどんどん進みます。

image_20121024063923.jpg



最後は大正時代(だったかな?)の黒振袖を見せて下さいました。

着物、丸帯はもちろん、小物まで全て古いもの。

懐剣は菊一文字!
初めて触れましたが、ずっしり重いんです。
当たり前ですね(^^;;

箱迫も厚みがあって、ちゃんと中に物が入れられるようになっていました。

今は懐剣も箱迫もただの飾りで、中はボール紙だったりしますが、「本物を知ることが大切」と見せて下さいました。

「こういう古い着物はクリップなしでちゃちゃっと着せるんですよ。
昔はクリップなんてないんだから。」
と、こちらもあっという間に完成。

image_20121024075255.jpg



それから、照明を落としてもらいました。
蛍光灯の下で見るより、昔のように薄暗い方が感じが出るからです。

image_20121024063920.jpg


なんだか迫力あります。

懐剣は、参加者全員が重みを実感できるように会場内を巡回中なので、写真はありません( ; ; )


「着物の歴史や本来の意味を知ることは、仕事で着付けをする上でとても大切なことです」とおっしゃる荘司先生。

昨日の記事でも触れましたが、お太鼓の由来の話もされていましたよ。

「太鼓橋の落成式にお手伝いで呼ばれた芸者さん。だらりと長かった帯を、動きやすいように上げて紐で留めた形が太鼓橋の形に似ていたのがお太鼓の始まり。」
で、真似する人が増えて流行になり、いつからか定番になったということ。

現代では帯締めはお太鼓の中に隠れていますが、最初は長い帯を紐でただ上げただけなので、紐がお太鼓の外側に見えている状態だったそうです。

たれ先○cmなんて考えるわけがないですよね(^_-)

午前、午後通して、説得力のあるお話を聞くことができて、本当に参加してよかったです♪

荘司先生は、「衣紋道高倉流 たかくら会 東京道場 」の会頭をされています。

衣紋道といえば、十二單(ひとえ)などの装束を学ぶもので、庶民の着物とはかけはなれているものだと今まで思っていました。
でも、婚礼衣装自体が元々庶民の着物じゃないんですよね(^^;;
そのことを考えると、今の着物を理解するのにも役立つものなのかも、と考えを改めました。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

先週、オットと浅草散歩してきました。

存在感のあるビルの間から見えるスカイツリー。

image_20121023091657.jpg


浅草寺からもスカイツリー。

image_20121023091814.jpg


着物は今月ヘビーローテーションの唐草模様の大島です。
写真では、柄がわかりませんね(^_^;)

焼き立ての煎餅を食べたり、お土産屋さんを覗いたり。
着物屋さんや、和雑貨屋さんもやっぱり気になります(^o^)

特に目的もなくブラブラしてるところ(笑)

image_20121023091832.jpg


帯の柄がお太鼓の真ん中過ぎたなぁ。
あ、これは私の好みの問題です^^;

帯を自分で巻いて形を作るとき、お太鼓の形が左右対象かどうかが気になる方は多いかもしれません。
私も以前はそうでした。

お太鼓は元々芸者さんの帯結びだということは、通っていた着付け教室で教わって知っていたのに、
「元々自分で結ぶものではなかった」ということは、着方の師匠から教わるまで気づきませんでした(゚o゚;;
ってことは、自分の背中に乗せるときは多少曲がってても当たり前?と気が軽くなり、普段に着るときの帯はそんなに気にしなくなりました。
今では逆に、ビシッとし過ぎないように気をつけています(^^)
あまりにテキトーだと、オットが「なんか曲がってるよ」と直してくれることも(笑)
「おー、本来のお太鼓だー」とノンキにお任せしている私。

着物を着るのが難しい、大変、と感じたら、その着方は普段着向きではないのかもしれませんよ(^_-)

ちょっと脱線してしまいましたね。

浅草には前から行きたいと思っていたアミューズミュージアムがあるのですが、その日は残念ながら休館日でした( ; ; )

次回のお楽しみということにしておきます♪



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。
今月はきもののき メンバーが2名増えました♪( ´▽`)

最近は小さいお子さんがいらっしゃる方からの問い合わせが多いので、とても嬉しいです♪

お母さんが楽しく着物を着ているのを見ていれば、お子さんも着物を身近に感じられると思いますし、着物を着たいと思ったときにお母さんに着せてもらえるのがいいですよね(*^^*)

私には子どもがいませんが、若いお母さん達に着方を伝えることで、未来の着物好きさんが増えてくれれば嬉しいなぁと思います(^^)


初めてご自分で着物を着たKさんをご紹介しますね。

image_20121019213004.jpg

シックで優しい地色に、たくさんの蝶がかわいい!
黒い半幅帯が引き締めていて、お似合いですね〜(^o^)

一つ一つの手順を教えることを辞めたら、皆さん1回で帯まで結べるので、見ている私の方が楽しくなってしまいます♪

私が何も知らなかった頃、教室で最初に教わったのは「着物・小物の名称、補整作り」(2時間レッスンで着替えなし)、次が「半衿の付け方、長襦袢の着方」などでした。
早く着物が着たい〜、と思った記憶があります(^^;;

ですので、きもののき では1回目から、とりあえず着物を着てみます。
手順を説明しなくても、着るものがそれしかなかったら、誰でもどうにか着ますよね?
と言うと、ちょっと乱暴に聞こえるかもしれませんが(笑)
それぐらい簡単に着れることを伝えたいんですよね。
私も仕事でお客様に着付けるときと、自分で普段に着るときの着姿は全く別物です^^;

着物を着てから、「あ、足袋って先に履いた方がよかったですか?」とKさん。
靴下を履くとき、服を着る前か後かなんて人それぞれで話題にもならないですよね。
足袋だって好きなタイミングで履けばいいと思います(^_-)
そういう私も、以前は「足袋は最初に履くもの」と思い込んでたんですけどね(^_^;)

ただ、フォーマル着物を着付け師に着せてもらうときは、先に履いた方がスムーズかもしれません。



もう一人の新メンバーYさんは、掲載許可を頂いたらご紹介しますね。




にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。
10月は1週間があっという間に過ぎる気がするBettyです(^^;;

ブライダル、出張きもののき 、講習会などなど、毎日充実しています。

昨日は楽しみにしていた、荘司礼子先生のきものセミナー。

昨年の講習会に参加して以来、先生の大ファンなんです!
って、1度しかお会いしてないのですが(^_^;)

前回は後ろの方で立ち見だったので、きっと今回もたくさんの方が参加されるだろうと思い、張り切って早目に出かけました。
会場に到着すると、まだ受付時間よりかなり前で、スタッフの方が会場の準備をされています。
ちょっと張り切り過ぎたかも(笑)

でも、一番前の席でじっくり見て聞いて学べたので、待ち時間は気になりません(^^)

午前は「留袖・振袖の部」
補整から始まり、長襦袢、着物、帯結びまで盛りだくさんな内容でした。

「衿の抜き具合の、『拳一つ分の拳はタテですか?ヨコですか?』とよく聞かれますが、どっちだっていいんです(笑)」と先生。
髪型が違えば衿の抜き加減も変わってきますしね(^o^)

愛のある毒舌も健在で、講座も「惜しげもなく」細かいところまで見せて下さって、ホント、濃い一日でした〜♪

時間の関係で、最後の方は駆け足でしたが、着付け技能検定を受ける方が気になる「ふくら雀のポイント」などもありましたよ。


image_20121017224310.jpg

写真の方が荘司礼子先生です。

お人柄もサイコーですが、なんといっても、私にとって一番説得力があるのは、「着物を着て仕事をされている方」だからだと思います。

紋付の着物に袋帯を、仕事着としてサラッと着て、スススッと動かれるんですよね〜(*^^*)

定期的に通いたいくらい素敵な先生です。



この日は焦げ茶の紬に博多なごや帯で。

image_20121017224802.jpg

一緒に行ったKさんに「おっ、今日筒袖じゃないじゃん」と突っ込まれました(笑)
今月からやっと袖付きの襦袢を着始めたのです^^;


午後の話はまたそのうち……たぶん(^^;;




にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。
今日は出張きもののき。

駅に着くと、「……の為、遅れが出ております」とアナウンスが聞こえてきました。

仕事の前に電車が遅れてると、どの路線?どの区間?といろいろ気になりますよね。

繰り返されるアナウンスをよーく聞いてみると、「中央線快速電車は国分寺駅で発生した動物との接触事故の為、一部遅れが出ております。」とのこと。

動物?
犬、猫?
タヌキ?
でも、国分寺だし…
と、ずっと気になりながら移動しています(^_^;)

ちなみに、私の乗る電車は時間通り動いていましたよ。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。
髪を染めるのをやめて数ヶ月。
すっかり全体が黒くなりました。

周りからはけっこう不評(笑)

好きで黒くしたわけじゃないんですよ〜( ; ; )
いつも美容室で染めてもらってたのですが、頭皮がすごーくピリピリして、何日も治らなかったんです。

聞けば、今まで平気だった薬剤が合わなくなるのは、老化も原因だそう(゚o゚;;
ショックな話ですね(^_^;)

そんなわけで染めるのが怖くなってしまったのですが、黒いのは確かに気になります。
何かいい方法ないかなぁー。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。
仕事が詰まっていた3連休も無事終わって、昨日はお休み(^^)

お彼岸時期に仕事で行けなかったお墓参りに行ってきました。

朝はけっこう冷んやりしてたので、軽めの袷を着ることに。


image_20121010075200.jpg


今シーズン初の袷です。
焦げ茶地にカクカクした柄の大島。
そして、袖のある襦袢を着たのも久々です(笑)
6月からずっと筒袖でしたから(^_-)

帯はベージュとグリーンの織りの半幅。


image_20121010075202.jpg



日差しは暑いくらいでしたが、日陰に入るとやっぱり涼しい♪
お散歩日和でしたね。


曼珠沙華がまだ残ってました。

曼珠沙華




にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

オットの実家で見つかった1枚の記念写真。


image_20121004215718.jpg

誰の結婚式かわからないそうです。
50年前に亡くなったおじいちゃんが写っていることから、少なくとも50年は経っている写真だということはわかるのですが…。

よーく見ると夏物の着物の方が

昔は夏に結婚式はしないものだったと聞いたことがありますが、「昔」って具体的には何年くらい前までのことなのでしょうか(笑)

着物の方がいれば、まずそちらに目がいく私^^;
でも、ブライダルの仕事をしているので、モーニング姿の新郎さんも気になります。

今では新郎新婦のお父様の衣裳というイメージのモーニングですが、洋装ではかなり格の高い衣裳です。
昔は新郎さんのモーニング姿もよくあったようですね。

洋服の本場の欧米では、モーニングの格は、国家元首と同席するくらいの場にふさわしいものなので、一般人には一生無縁なのだとか(^^)

逆に、(日本の)新郎様のタキシードなどは礼装としての格は保たれてないものが多いことをご存知でしょうか?

私も最近まで、婚礼衣裳として当たり前に支度に入っていましたが、日本の洋装フォーマルも着物の格と同じくらい怪しいものがありますね(・_・;

きちんとした洋装フォーマルの知識が浅いまま新郎様の洋装支度に関わっていたことを反省しました。
かといって、衣裳選びを終えた後の新郎新婦様に「本場・欧米のフォーマルと比べてこれはおかしい!」と指摘するのも変な話ですよねf^_^;)

その場にふさわしい服装は、その場に集まる方との関係性やその中での自身の立場によって変わってきます。
正解が一つではないので難しいですが、何より大事なのは相手に対する「礼」の心。
全国共通の「キマリゴト(と思われていること)」を鵜呑みにする前に、「招待された相手」「招待する相手」のことを考えて、服装選びをしていきたいなぁと反省を込めて思いました。

1枚の写真から、話があちこちに飛んでしまいましたね(^^;;

今度の3連休もブライダル・ブライダル!
明日は準備に追われそうです(*^^*)



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。
プロフィール

きもののき Betty

Author:きもののき Betty
着付け師をしながら、普段もラクに楽しく着物を着て、着物三昧の生活から一転、オットの仕事で北海道・阿寒湖に引っ越し、アイヌ文化三昧の日々。どちらもマニアックな目線で楽しんでいます(^^)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック