FC2ブログ
先週末のブライダルはなかなかハードでした〜。
でも、ホテルの美容室スタッフみんなの協力で無事に終了(^^)
ありがとうございました♪

今日は1871年(明治4年)に東京府で出された裸体禁止令について書いてみたいと思います。

現代の感覚では「???」ですよね。
自分が裸で外を歩くことなど想像できません^^;

でも、江戸時代には褌(フンドシ)姿で働いたり、銭湯から裸で帰ったりする男性は珍しくなく、銭湯は混浴で、女性も裸が恥ずかしいものだとは思っていなかったそう。

開国した日本にやってきた外国人達は驚き、「裸=野蛮、未開の地」という印象を持ったようで、先進国の仲間入りをしたい明治政府はいろいろな禁止令を出していくのです。
それまで「恥」ではなかったものを海外の基準に合わせて「恥」としてしまったんですね。
よりよい生活の為にというよりは、外国人に不評なことは禁止してしまえ!という印象です。

裸体の他に禁止されたものも多く、
帯刀、混浴、おはぐろ、書き眉、死体の試し切り、人体売買、刺青、あだ討ち、道路や車内での頬かぶり・手拭かぶりなどなど。
かなり細かくいろいろ禁止されたようです。
市民の娯楽である劇、芝居、相撲、闘鶏、出版なども規制されます。

ひとつひとつ見ていくとツッコミどころがあり過ぎです〜^^;

生活の中で普通に行われていたことを突然禁止されて、最初は逮捕者続出だったようですが、新しい常識ができると、それ以前のことはなかったことにしてしまうのが日本人はどうやら得意らしいのですσ^_^;

日本人が書いた本でも、裸体文化(?)を「近代化する前の話」として、あっさり流していたりするのが興味深いなと思いました。
昔の日本を知るには、日本に来た外国人が書いた本を読む方が参考になるかもしれませんね。
以前もブログに書いた「モースの見た日本」には、日本に到着した当初は半裸や裸足の人の多さに驚き、話してみると礼儀正しいことに更に驚いたと書いてあります。
「裸=野蛮」と思っていたのに、日本人は違っていたので驚いたのです。
そしてモースは、日本のものはそのうち全てなくなってしまうと思い、ありとあらゆる民具を集め持ち帰ります。
古いものはなかったことにしてしまう日本人の性質を見抜いていたのでしょうか?



なかったことにしてしまうといえば、着物にも当てはまりますね。
今の着物の常識(と思われていること)も、50年前には常識ではありませんでした。
時代が変われば常識も変わって当たり前ですが、昔のことをなかったことにして、「元々こういうキマリです」と思い込まされていることがたくさんありました。
ほとんどは着物で生活する人が周りにいれば簡単にわかったことなんですけどね。

教科書に載っていない歴史は本当に面白いです(^o^)

一つ調べると、別の興味深い事実にぶつかって脇道にそれることが多く、それもまた楽しいんですよね♪
いろんな本を読んでいて、書きたいことが膨らみ過ぎて更新が遅くなってしまいました(言い訳σ^_^;)

100年後には何が常識になっているんでしょうね(^^)




にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト



裸体禁止令のことを書こうと思いながら、10日も経ってしまいました(^^;;

今週は着付けの仕事の合間に縫い物縫い物。
モチロン自分のではありません(笑)
ブライダルで、普段やらないような着付け依頼を受けて、アレコレと準備してました。

今日は白無垢で神前式のお仕度、明日はお色直しで色打掛のお仕度が2件あります。

ブライダルのこと、出張きもののきのこと、など、途中まで書いたブログ記事がいくつかあって、どれも中途半端(-。-;
今週末を乗り切ったら、まとめていきたいですσ^_^;





にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。
ここのところ、ブライダルの和装前撮り支度が増えています。
挙式当日は洋装のみで、和装は写真だけ残すというパターンです。

今日のご新婦様は、ウェディングドレス、カラードレスと着た後に華やかなゴールドの色打掛。
鏡をご覧になって
「あ〜、どうして当日着ることにしなかったんだろ!」と一言。
その気持ちよーくわかります(^^)
それほどよくお似合いでした♪

仕事ではキッチリフォーマル着付けをしたりしていますが、家に帰ると…


image_20130516003843.jpg


お気に入りの蝶柄浴衣(*^^*)
前記事に続き、部屋着ですみません(^^;;

上と下で感じが違うんです。


柄をアップにしてみます。

image_20130516000818.jpg

裾。

image_20130516000819.jpg

これをテキトーに着てタスキがけ。

image_20130516000816.jpg


家ではこれが一番ラクなんです♪
暑くなってきたので、タスキを取るのは寝るときだけかも^^;

そういえば、中学生くらいの若い子が、裾短くして、袖まくって…。
お祭りのときにこんな着方してたような(笑)

あれって理に叶ってたんですね。
今さらながら感心しています。

「暑い」「苦しい」「難しい」などとは無縁の着方ですもんね♪

暑いときに着物を着るなら、エアコンをガンガンつけて…なんて昔は思ってましたが、去年の夏は1度もエアコン使いませんでした。
夏こそ着物の方がラクだと実感できてよかったです。
高温多湿の日本の衣類、夏に対応できないわけがありませんよね(^_-)

この流れで「裸体禁止令」のことも書きたかったのですが、あまりに眠いので、また次回にします。



にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。
今週の八王子は、コートが必要な日もあれば、半袖でも暑い夏日もあったりして、あまりの気温差に体がビックリしています(^^;;

気温差があっても家では浴衣でくつろげる季節になりました♪

寒かった火曜日は、靴下履いて、中にシャツ着て、丹前も羽織ってぬくぬく(^^)v

今日は暑いので、一枚で。

image_20130510235633.jpg


帯はしてません。
部屋着ですから〜(笑)

浴衣を湯上り着にするなら、お風呂から出てすぐ帯巻くのってツライです。
アセモができてしまいます^^;

基本は腰紐1本のみ。
1枚で着るならコーリンベルトでゆるっと留めてます。

image_20130510235635.jpg



昔教室で購入したコーリンベルト。
アバラに当たって痛い思いをして以来、ずっとしまいっぱなしでしたが、家で着物を着るようになってから、やっと便利に使えるようになりました。
伊達締めや帯で金具を押さえないので、当たって痛くなることもなく快適です♪
捨てなくてよかったー!

着物の形をしているものは家でも普段着でもキッチリ、シワなく着なければならないと思っている方があまりに多いんですよね。
それは周りに着物で生活している人が少ない(というよりいない?)からなのでしょう。

部屋着は人様に公開するようなものではないと思いますが、
「家でも着物を着ています」
と言うと、
「すごいですね」「偉いですね」
と言われるので、この写真を見たらすごくも偉くもないことがわかって頂けるかと(笑)

最後に、普段着物友達のぷち女将さんが、以前から気になっていた中学校の和装教育について書かれていたのでご紹介しますね。

ぷち女将さんのブログ


未来の着物好きさんを増やすために、私も何か役に立てればいいなぁ(^^)




にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。
先日、入籍したばかりの友人を囲んで女子会をしてきました♪
挙式は秋とのことですが、まずは「おめでとう!」と乾杯!
一番若くて一番気がきく子なので、料理がくれば取り分け、グラスが空になれば声をかけ、と、主役なのにじっとしていません^^;
しかも、気を使っている風でないところが素晴らしいんです(^^)
「働かせて悪いね〜」と言うだけの私(笑)
20代から50代まで、親子ほど歳が違う人もいる集まりですが、とてもラクに過ごせるメンバーです。

この日の着物。

image_20130508151058.jpg


なぜか下からσ^_^;
image_20130508151100.jpg


ついでに(笑)

image_20130508151101.jpg


帰りに撮ってもらった後ろ姿。
昼間は練習会だったので、着物一式転がしています(^^)

朝は雨が降っていて、最初の候補は多少濡れても平気な大島だったんです。
でも、天気予報を見ると「強風に注意」と出ているじゃないですか(゚o゚;;
軽くてツルンとしていて着やすい大島。その分風が強いとはためき方もすごい!
ちょっと考えて、厚手の胴抜き(裾や袖から見える八掛は付いていて、胴裏が付いていない)の紬にしました。
昼間は暑いくらいでしたが、生地の摩擦で裾を押さえなくても風にはためかないのでよかったです(^^)

着物がパタパタしたとしても、襦袢が可愛ければいいんですけどね♪
普段着は二部式襦袢を使うことが多い私。
以前はうそつき襦袢の替え袖を作ることばかり考えていましたが、最近は袖より裾よけの方を作りたくなってきました。
袖はもうすぐ筒袖のシーズン(?)で、なくてもいいですし(^_-)

駅に着いて、傘を閉じていると、ふいに後ろから肩を叩かれました。
振り返ると、「とてもステキね。」と80代くらいのご婦人がニコニコと微笑みながら着物を見ています。
わざわざ肩を叩いてまで言って下さるなんてありがたいですね〜(*^^*)
着物を洋服と同じか、むしろラクに着られるようになってから、声をかけられることが増えた気がします♪

着物を日常着として楽しめるようになったのは、着方の師匠に出会ったおかげなんです。

教室に通わなくても着物は着られる、という当たり前のことに気づかせてくれたブログ、小庵 「着らく」 着物の着方 
きもののき の方針もそれまでとはかなり変わりました(^^;;

リンクに追加させて頂きましたので、気軽に着物を楽しみたい方、ご興味のある方はご覧になってみて下さい。




にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。
ゴールデンウイークはブライダルと成人式前撮りがあり、あっという間に最終日です。

連休中唯一の休みだった昨日は、少人数まったりバーベキューをしてきました(^o^)
天気もよく、木陰のない河原は暑かったですね〜。

気付けば手の甲が真っ黒に(^^;;
腕と手の甲の境い目くっきりで笑えます。
顔も少し焼けたかも。

そして、はじけた炭で目の上下をヤケドしましたσ^_^;
一瞬、目が開かなくなったので、「目に入った!」と思って焦ったのですが、目の中ではなく上下の瞼に炭の粉が張り付いていました。

とりあえず目じゃなくてよかった(*^^*)!
「咄嗟に目を閉じたなんて、私にも反射神経があるのね〜♪」
と変なところで安心したりして(笑)
すぐに氷で冷やしたので、たいしたことにならずに済んでいます。

バーベキューで焼くのは肉だけにしたいですね^^;

今日はこれから出張着付けに行ってきます♪





にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。


先日の出張きもののき のときに着た着物です。

image_20130502081415.jpg

また全身グリーンコーデ。
どうしてこんなにグリーン好きになったのか自分でもわかりません(笑)
でも、落ち着く〜♪

着物は水玉のように見えますが、アップにするとこんな感じです。

image_20130502081414.jpg


氷割れに白と赤が入っています。

帯は木綿で、豆ぶどうさんのブログで一目惚れ(≧∇≦)
取り置きして頂きました。

image_20130502081939.jpg

あ、この日は、後ろも長襦袢の衿を見せてみましたよ(^_-)

この小紋は丈も幅も小さ目で、腰紐を腰骨より下にしてます。
そこまでしておはしょりを出す必要はないんですけどね(^^;;
2枚目の写真を見るとおはしょりが浮いてますよね。
下から見たら、すぐ見えるところに腰紐があるんです^^;

短いし、生地も薄いので、一重上げもなし。
衿は後からいくらでも動かせます♪

教室に通っていた頃、「先生は生徒さんの手本ですから、衿の抜き、半衿の出し具合など、毎回同じように着ないといけません。」と言われたことがあります。
出張きもののき のときの私はその教えとは真逆。
同じ人が着てもいろんな着方があるということを伝えたいので、毎回同じにならないようにおはしょりをまっすぐにしてみたり、ナナメにしてみたり、モコモコにしてみたり。
お太鼓をビシッと鋭角に作ったり、ふんわりしたり、要するにテキトーです(笑)

着物への先入観が何もない方は、毎回違うことに特に疑問も持たずにサッサと着ることができます。
着ているうちに好みも出てきて、「もうちょっとこうしたい」と思ったら、その部分を工夫すればいいだけ。
自然にその方らしい着方になりますね。

出張きもののき で出会った方はまだまだ少ないですが、メンバーさん達が楽しく着物を着て、「着物は簡単に着られるよ♪」と周りの方にも伝えて下さるので、着物の輪が広がってます。
嬉しいことです(*^^*)



にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。
プロフィール

きもののき Betty

Author:きもののき Betty
着付け師をしながら、普段もラクに楽しく着物を着て、着物三昧の生活から一転、オットの仕事で北海道・阿寒湖に引っ越し、アイヌ文化三昧の日々。どちらもマニアックな目線で楽しんでいます(^^)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック