FC2ブログ
仕事でお世話になっているOさんの会社の親睦会に行ってきました。

ディープな集まりで、楽しかった〜(笑)

そのときのことは、また書くことにして、着ていった着物はこちら。

20140630064331097.jpg


絽の着物に兵児帯です。

兵児帯は幅が広いので、なんとなく折り返しながら巻き巻き。
帯締めより上の部分は八枚重ねになってます!
薄い生地でもさすがに暑い!

後ろは軽くて快適♪

2014063006433356c.jpg


いつものようにテキトーに着て出かけたら、ビーズの半衿と絽の生地が滑る滑る(^^;;

半襦袢はお直しするのもラクなはずなのですが、この日は着物が透けるので、前も後ろも折り返していました。
それをどこも締めずに着ているのですから、自然に動くのは当然ですよねσ^_^;

半衿縫った糸が見えるほど着物が開いてきて、なかなかのグズグズっぷりで自分でも笑えました〜。


まぁ、そんなテキトーな感じで、着付けを仕事にしている方々の集まりに行くことに意味があるかも?と無理矢理思ってみたりして。

そんなことないか(笑)


にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」「着付け」「着物・和装」のどれか一つをクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト



20140628053232ab8.jpg


先週、青山学院大学で行われた、ビューティサイエンス学会なるものに行ってきました。

大学教授や研究員の方々の中で、場違い感がスゴかったです(笑)

「大名の婚礼調度 ー 国宝 初音の調度を中心に」
「わび茶の美」
「平安時代の化粧と髪型について」
という3つのテーマの学術講演。

日本の歴史や文化の中の「美」について、いろんな角度から斬り込んだ話を3名の専門家の方がして下さって、どれも興味深く拝聴しました。

おもしろかったのは、ビフォー千利休とアフター千利休の話(笑)や、大正時代以前と以降のお茶の話。
それから、男衾(おぶすま)三郎絵詞の話!
平安時代の女性といえば、まっすぐ伸びた長い黒髪のイメージですが、男衾三郎絵詞にはソバージュのような髪の女性が醜女として描かれているんです。
そうですよね。
天然パーマの方だって当然いたはずですよね。
今まで考えたことがありませんでしたσ^_^;

学術講演の最後に、荘司礼子先生の十二単お服上げ実演!

場違いな会場にいたのはこの為だったんです(^o^)

先生のお服上げを見せて頂いたのは初めて。
優雅かつ無駄のない動きにしばし見とれてきました♪
あっという間でした〜^^;



こんな本を頂きましたよ。

2014062805323644a.jpg

衣裳とビューティサイエンス
医療とビューティサイエンス
化粧とビューティサイエンス
などなど…
200ページ以上ある論文集のような本です。
読み応えありそうですねー。


ご一緒させて頂いたKさんは、「昨日縫ってきた」という単の着物でした。
スゴイ!
そんなこと言ってみたいなぁ(^^)


にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」「着付け」「着物・和装」のどれか一つをクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。
下町風俗資料館で知った昭和のイベント「ハエ取りデー」

当時の新聞記事などを読むと、昭和2年に東京で「はえ打殺しデー」(衝撃のネーミング!)が実施され、4599万6468匹のハエが捕獲されたそうです。

元々はアメリカで病気の媒体となるハエを撲滅する運動が始まり、関東大震災で衛生状態が悪化した東京でも、「ハエを減らして衛生的な暮らしを!」とハエ取りが推奨されました。
賞なども用意され、家庭ごと、町会ごとに競っていたようです。

「ハエ取りデー」は戦前まで実施されますが、後には1日ではなく数日間行われるハエ取りウィークだったのだとか。

各家庭に配布された、捕獲したハエを入れる封筒も展示してありました。
フツーの茶封筒です。
これじゃ足りないですよね?
と、私でも思います(^^;;

子供の頃、牛を飼育していた曽祖父の家に行くとハエはいっばいいましたから。
曽祖父の片手にはいつもハエたたきがあったような…(笑)

そのハエ取りデー、新聞には個人で32万匹捕獲して、賞品として反物2反をもらった方もいたと書いてあるんですよ!
どうやって数えたんでしょう?
一日中ハエを数える仕事をしていた方がいたってことですよね…
考えただけで気が遠くなります^^;

この当時使われていた、ガラス製の蝿取器やゼンマイ式の蝿捕器、天井のハエを捕獲する道具など、いろいろ展示してありましたが、パッと見ただけではハエ取りに使うものだとわかりませんでしたー。
ガラス製のものなどは、一見、キレイな水鉢みたいです^^;

私の知っている蝿取り紙が出回るのはこれより後なんですね〜。

学生時代、日本史の教科書に書いてある開国以降の近代史には全然興味が持てませんでしたが、今はこの時期のことを知るのが一番面白いです(^^)

社会科教師で担任でもあったM先生に
「なんでお前は時代によってこんなにテストの点数が違うねん!」
とよく言われてましたね〜(^^;;
「だっておもんないねんもん!」
とか言って、先生、ごめんなさいm(_ _)m
こんな面白い時代だとは知らなかったんです〜σ^_^;



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」「ふだん着物」のどれか一つをクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。
先週、仕事の打ち合わせのときの着物。

201406250942267bf.jpg


ビューティサイエンス学会に行ったときの着物。

20140625094228ba8.jpg


違う日に着たものですが、全く同じ着物と帯でしたσ^_^;

よく見ると、おはしょり2枚下ろしと1枚だったり、筒袖と袖有りだったり、帯の柄の位置が違ったりするのです。
って、誰もそんなところまで見てませんよね(笑)

帯は兵児帯のように柔らかいなごや帯。
ビシッとしたお太鼓には向きません。
ビシッとしたお太鼓で過ごしたい日はほとんどないですし、せっかく柔らかいので、半幅帯のように前で結んでみました。

20140625094229122.jpg


以前、帯枕も帯揚げも使わない帯結びをご紹介しましたが、それの帯揚げ有りバージョンです。


帯は苦しくて難しいものではなく、ラクで楽しいものなんですよね♪

難しいと感じるとしたら、それはどの部分でしょう?
それができないと着物を着ることができない?
着物は誰でも簡単に着られます。
苦しくて辛い衣服をわざわざ着る必要などありません(^^)

「うまくいかなーい!」と思いながら必死に着ていた時期もありましたが、それはお手本が一つしかない着方だったから。
お手本がない方がすぐに着物は着られるのです(^_-)



にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」「着付け」「着物・和装」のどれか一つをクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。
人形を持っていないのに、キモノノミライのドール着物を入手したことは先月のブログに書きました。
(そのときの記事はコチラ)

その後、「着せるならブライスに着せたいな〜」という私のために、ぷち女将さんがオークションでブライスを落としてくださったんです(≧∇≦)!!

ノンビリしてる上に、人形事情に疎い私を放っておくと、ずっと着物だけを飾ってるであろうことがバレバレだったんでしょうね〜σ^_^;

本当にありがとうございます!


遅くなりましたが、写真を撮ってみました。

「明日天気にな〜れ!」の図。

20140624134914979.jpg

あ、おはしょり、逆ナナメになってますね(笑)
気にしませんけど(^^)



20140624134915249.jpg

ちっちゃい下駄と足袋がたまりません!



うちの猫と同じ柄のぬいぐるみと。

201406241349188b4.jpg



座ってみる。

20140624134912c1d.jpg



20140624135715471.jpg


かわいい〜♪


ちなみに、ヘアーセットはホテルの美容室で(笑)
休憩中にTさんがちゃちゃっとセットしてくれました。
「触っているうちにだんだんかわいくなってきたー」
と、Tさん(^^)

翌日、その日いなかったスタッフたちに
「昨日ね、急にヘアーセットの予約が入ったんだけど、超かわいいお客様だったから、写真撮らせてもらったんだよ♪」
と、ケータイで撮ったブライスを見せてました(*^^*)
名前を考えたりして楽しんでくれたようで、私も嬉しいです。
ありがとう!Tさん(^o^)!

私がいじるとロクな髪型になりません( ; ; )
周りにプロがたくさんいてラッキーです(*^^*)
もっと早く連れていけばよかったですね〜。

ブライスが届いて、着物はすぐ着せたのですが、髪型がイマイチ気に入らなかったのです。

そんなこんなで気付けば1ヶ月も経ってしまいました。
相変わらずノンビリですみませんσ^_^;


着物購入時、店頭に並んでいた女将さんのブライスはこちら。

20140624134917190.jpg
(画像はぷち女将さんにいただきました)

これを見て、リカちゃんよりバービーよりかわいい!と思ったんです。

女将さんには何から何までお世話になりましたm(_ _)m

ありがとうございました!



にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」「着付け」「着物・和装」のどれか一つをクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

先日の出張きもののき のときの着物です。


20140623081938fbe.jpg

焦げ茶地に竹笹模様の絽の小紋に博多の半幅帯。

帯はこれしか持ってないのか?という勢いで、絶賛 大活躍中(笑)
単も夏物も着物は濃い色ばかりなので、つい…^^;

この半幅帯は、呉服屋時代に初めて自分で買ったもの。
当時は浴衣以外の着物に半幅帯を巻くことはありませんでしたので、こんなに休む間もなく働かされるようになるとは!と、帯もビックリしているでしょうね^^;

半幅帯に慣れていなかった頃、帯が下がって伊達締めや帯板が飛び出してくるのが気になっていました。
帯が下がるのがいけないんだ!と、一生懸命締めると、今度は後ろに回すのが大変(^^;;
下線だけ締めるなごや帯より、半幅帯の方がキツいし、補整は難しいし、苦手でしたね〜。

今はというと、ケータイも帯にはさめないほど、ゆるゆる巻き。
最初から低い位置に巻くので、それ以上下がることもなく、帯板も伊達締めも使ってないので、飛び出す心配もなくなりました(^^)
ゆるゆるなので後ろに回すのも簡単!

帯は体の一番太い部分で密着して、あとは浮いている感じ。
エアー補整ですね(笑)
後ろに回したあと、帯と着物の間に手の平を入れて内側からしごけば、たいしてシワにもなりません。

着る本人が気になるところをカバーするのが補整だと思っているのですが、私の場合、気になるところだらけ!
洋服の方が補整なしで着るの難しいσ^_^;
スーツの上と下が2サイズ違うこともあるバランスの悪い体型なのです>_<

着物だと着方でなんとかなる(と本人は思いこんでいる(笑))ので、ラクしてます♪




にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」「着付け」「着物・和装」のどれか一つをクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。



またまた前記事からの続きです(^^;;


下町風俗資料館の付設展示場「旧吉田屋酒店」

付設といっても、資料館とは別の場所にあります。
炎天下の中歩くには遠い!ということで、台東区循環バス・めぐりん に乗って行きました。


20140621053217d29.jpg

明治の末に建てられ、実際に酒屋として使われていた建物だそうです。
建物の造りや、店内に置いてあるもの、壁のポスターなど、どれも興味深い!


スタッフの方の綿絽の半纏が気になっていたら、
「レンタル用のものがありますよ」
と、持ってきて下さいました(^^)

お言葉に甘えて(笑)

201406210532150d6.jpg


ひろみさんと私。

20140621053214b25.jpg

上の半纏画像2枚はTさんから頂きました。


絽だと言われてもわかりづらいですね^^;

20140621054715447.jpg

「下町」の文字の部分と吉原繋ぎの柄のところをよく見ると…なんとか…
わかるでしょうか?


ノンビリ、じっくり、いろいろ見て回ることができて、本当に楽しい一日でした♪

主催のひろみさん、ご一緒させて頂いたみなさま、ありがとうございました(*^^*)



にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」「着付け」「着物・和装」のどれか一つをクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

前記事に続き、下町風俗資料館の話です。


1階の長屋は駄菓子屋さんと銅壺(どうこ)やさんが並んでいました。

2014062007384850b.jpg


2014062007384673d.jpg

長火鉢の中にあるのが銅壺です。
お湯を沸かしたり、燗酒をあたためたりするもののこと。


奥のタンスの中には、実際使われていた着物や帯がいろいろ入っていて、ここでもひと盛り上がり(笑)
タンスの上には、手柄や簪が入った引き出しや、使いこまれた硯箱などなど。
どこを開けてもテンション上がります(^o^)!

あ、駄菓子屋さんの写真がなぜか1枚もありませんσ^_^;


2階に上がると、実際に使われていた銭湯の番台が!

踏み台もあるし、とりあえず座ってみますよね(笑)

20140620074057432.jpg

けっこう高いんですね〜!

体重計も現役で、ちゃんと使えるんですよ。



昭和初期のカフェー。

201406200738457cf.jpg


201406200738430d4.jpg

ドアの色がかわいい♪

ドアの外に見えているのは浅草十二階(凌雲閣)の模型です。
凌雲閣の模型はいろんなところで見かけますが、これが大正時代の浅草にあったと思うと…。
実物を見てみたかったですー!
すごい存在感だったでしょうね。


昭和30年代の部屋。

2014062007384212c.jpg


30年代にはまだ生まれてませんでしたが、黒電話やミシン、窓の鍵など、記憶にあるものも多いです。


大正・昭和の暮らしに関するさまざまな資料は撮影禁止だったのですが、私が一番時間をかけて見たもの、それは…



「ハエ取りデー」に関するもの!

ハエ取りデーってなんだ?
「裸体禁止令」と同じニオイがする(笑)

これは調べないと!です。

またまた脱線記事になるので、これは別の機会にしますね〜。
って、ハエの話に興味ある方は少ないかもしれませんがσ^_^;



この日、資料館では紙芝居の実演もありました。

20140620075502ace.jpg

この紙芝居は、実際に公園で使われていた、手描きの一点ものなのだとか!
出てこられた方が若くて意外(失礼)でしたが、面白かったですー(^o^)!
30分間と聞いて、見る前は「途中で抜けてもいいよね」と言っていたのですが、始まってみるとあっという間(^^)
絵はかわいいのにシュールな話だったり、ツッコミどころ満載のヒーローものだったり、どれも続きが気になります。
一つの話は10分くらいで、ジャンルの違う3つの話で30分。
それぞれいいところで
「一体どうなってしまうのでしょうかー」
と終わってしまうんです(笑)
続きが気になって、公園に通い、駄菓子を買ってしまう子供の気持ちがよくわかりました^^;


下町風俗資料館、堪能しました♪



にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」「着付け」「着物・和装」のどれか一つをクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。


前記事の続きです。

向かったのは、下町風俗資料館
前から気になっていたんですよね〜。

そんなに広くはないのですが、相変わらずのマニアック目線で隅々まで見ていると、かなり楽しめます(^^)

1階に再現されているのは大正時代の下町の街並み。


鼻緒屋さん。

20140619080022441.jpg



丸太からの木取りの例と下駄作りの工程。

201406190800243b1.jpg

初めて見ましたー!
この作り方だと、台と歯が一緒なので、私の下駄のように歯だけキレイに取れることもないんでしょうね^^;
工程の字が読めなくてすみません。



長屋の裏側にはいろんなものが干してあります。

20140619080023b1e.jpg

洗い張りした着物、おむつ、ミカンの皮にホオズキ。



腹掛けに股引に足袋。

201406190800260e7.jpg


これを見て
「足袋って裏返して干すんだ!」
と盛り上がる私たち。
帰ってから、早速この日履いていた足袋を洗って、裏返しにして干してみました。
影響されやすいですね(^^;;

やってみると、洋服のポケットをひっくり返して細かいゴミやホコリを取るのと一緒だ!と、今までやってなかったことが不思議に思えるくらい、腑に落ちたというか、納得(^^)

その後、洗う度に裏返していると、指の股の間にループ状の紐が付いている足袋があったんです。
あ、これって吊るすときに使うんじゃない?と思い、やってみると、どこにもシワが寄らずいい感じ♪

着付け教室でも呉服屋でも、「足袋を裏返して干す」というのは聞いたことがなく、足袋を裏返したことがなかったので、恥ずかしながらこのアイテムを知りませんでした>_<

手持ちの足袋を全部ひっくり返して確認したら、ループ付きが3足、それ以外は何も付いていません。
最近の足袋には付けないことが多いのかもしれませんね。

みんなが着物を着ていた頃なら、暮らしの中で自然に覚えることの一つなんでしょうけど、周りに着物を着る大人がいない中で育ち、大人になってから着物に興味を持った私は知らないことだらけ!

知らないことを知るってとても楽しいことですよね。
この分だと一生楽しめそうです(*^^*)

あ、また脱線してしまいましたσ^_^;

続きます(^^;;



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」「ふだん着物」のどれか一つをクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。
先日、「着物さろん・白牡丹」さんのお出かけイベントに参加させて頂きました♪

楽しかったー!!


着ていた着物はこちら。

2014061807323107a.jpg


完全夏仕様で最高気温30℃の中、一日歩き回りました!

20140618073233e99.jpg


写真を撮ってみると、この着物に対してこのプラスチック衿芯は硬かったな〜。
あ、あくまで本人比です(笑)

ゆるく着ているので、出かけている間は特に気になりませんでしたけど。

ペラペラのメッシュ芯を入れようとしたら、広衿をとじた縫い目に阻まれてなかなか入ってくれなかったんです(^^;;
出かける直前で急いでいたので、すんなり入るプラ芯に変更。

半襦袢だからって、とじた衿をほどかずに洗うと、たまにこういうことになりますねσ^_^;
衿芯の幅がちょっと広かったり、柔らか過ぎたりすると、スッと入りません。

広衿の襦袢を着る前には、衿芯が決まってから衿の広げ具合を調整して、衿芯がずれないようにその幅に合わせて縫っています。
といっても、メンドクサガリの私が毎回そんなことをするわけがありません^^;

花嫁さんの襦袢などは1回着たら衿はほどきますが、私のは半襦袢も半衿も洗濯機で洗える素材なので、自然に糸がほつれるまで放置(笑)
同じ衿芯なら問題なく何度も使えます(^^)

こういうズボラなことをしていると、急いでいるときに限って、使いたい衿芯が使えなかったりするんですけどね〜^^;

ま、準備に時間がかかり過ぎると普段着としては続きませんから、臨機応変に、というより、テキトーに(*^^*)


あ、衿芯の話ばかりしてしまいましたσ^_^;

お出かけの内容は次回にしますね。




にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」「着付け」「着物・和装」のどれか一つをクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

プロフィール

きもののき Betty

Author:きもののき Betty
着付け師をしながら、普段もラクに楽しく着物を着て、着物三昧の生活から一転、オットの仕事で北海道・阿寒湖に引っ越し、アイヌ文化三昧の日々。どちらもマニアックな目線で楽しんでいます(^^)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック