FC2ブログ

シルバーウィーク中に一日だけ休みがあり、オットとお墓参りに行ってきました。


自転車で!!

八王子の自宅からは20kmちょっと。
これまでは、車か電車でしか行ったことはありません。
自転車で遠出、初チャレンジです。


途中の河原でちょっと休憩♪


20150930214314b9c.jpg


気持ちのいいお天気!


何度か休憩しながら、2時間半ほどで到着しました〜。

霊園付近は何かイベントでもあるのかと思うほどの大渋滞(^^;;

自転車ですから、車の脇をスイスイ通り抜けます(^^)

前日にオットの両親が来てくれていたおかげで、落ち葉やキンモクセイの花びらをはらうだけでお墓はピカピカでした。

しばし、ご先祖様と歓談(一方的にですが^^;)し、また出発です。

行きとは違うルートで寄り道しながらノンビリノンビリ帰ります。

夕方、オットの実家へ着いて、手を見ると…


201509302143174d4.jpg


まさかの日焼け(^_^;)
袖が長めだったせいで、手の甲の中途半端な位置でくっきり!

面白いからいっか。

と思いながら、いつの間にか爆睡(笑)

目が覚めたら、テーブルにお皿が並んでいました(゚o゚;;

何も手伝わず、夕飯をご馳走になり、おかわりまでして、本当にすみません^^;

いつもありがとうございます!


実家から自宅までは5kmちょっと。
また自転車に乗り、自宅でサイクルメーターをチェックすると、この日の総走行距離は52kmでした(^^)v
一日の(自転車での)移動距離としては自己記録更新だと思います。

楽しかった〜(^o^)




にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」「着付け」「着物・和装」のどれか一つをクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。


スポンサーサイト




出張きもののき のときに着た着物はこちら。



…と思ったら、この日の写真がありませんでしたσ^_^;

別の日に着た同じ着物がこちらです。


20150930080826f3f.jpg


帯も一緒で、半衿の色が微妙に違うだけです。

お召か小紋を着たい気分だったのですが、夕方から雨が降るかも…と聞いて大島に変更。

出張きもののき 終了時には天気予報通りに雨がパラついてきたので、変えてよかったです(^^)

外を歩く時間は短くても、混んでいる電車に乗れば、周りの方の濡れた傘と密着する可能性もありますもんね〜(^^;;
着物や帯を引っ張られたり足袋を踏まれたりするのも想定内。
周りの方だって、触りたくて触るわけではないのですから、そんなことがあっても気にならない衣服を選ぶようにしています。

着物を着始めた頃の私は、
「着物を普段着として着たい」
と思ってはいたものの、
「ウールや木綿は家着」
と教わり、出かけるときは絹ばかり。

着物は高価で、お手入れするにもお金がかかる。
「汚れたらどうしよう!?」
と常に気にしていました。

これは完全に身の丈に合ってないものを着ている緊張感だったんですよね〜(^^;;

「寄るな!触るな!オーラ」が全身から出て、周囲にも気を遣わせてしまいます。
着こなす以前に着物に着られている状態>_<

「普段着として着たいのにおかしいよね?」
と気付き、できるだけお手入れがラクなものを着るようになって、お出かけも楽しくなりました(^^)
どうしても汚したくないものならチリ除けに何かはおったりしますが、普段着は絹でも気にせず着ています♪


洋服の普段着も全てクリーニングに出す方、洗濯機で洗えないものは着ない方、普段着の感覚も人それぞれ。
お手入れの手間暇&費用を負担に感じるようなら、それはその方にとって普段着ではないのです(^_-)




にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」「着付け」「着物・和装」のどれか一つをクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。



次のお悩みは

・サイズの合わない着物の着方

色柄はお気に入りだけど、大き目のプレタ着物が上手く着れないとのこと。
確かに小さい着物の方が着るのはラクですが、大きい着物だって気に入ったものは着たいですもんね(^^)
ちょっとしたコツと、大きいものは大きいなりに着ることで解決(笑)


・お太鼓の位置がどうしても低くなってしまう

そもそもナゼ高くしたいのか?
を考えてみます。
高い方がステキ!とご自分で思われているのなら、簡単に解決する問題です。

私は普段から帯を巻く位置が低いですし、枕も薄くて小さいものが好き♪

それでも、前はいつもの腰骨の位置に合わせて巻いたとしても、後ろ上がりにできること、さらにお太鼓の山を高くしたかったら枕を変えればいいこと、を実際に巻きながら見て頂きました。

「帯をもっと高く!」と教わったけれど、どうしてなのかわからない、という場合は気にしなければいいだけですから、こちらも即解決(^^)

その後はコーディネート相談や、自作の作り帯を見せて頂いたりしながら、テキトーなくせに熱く語って、あっという間に帰る時間(゚o゚;;


慌てて撮らせて頂いた1枚です。


20150928213708479.jpg


最初のSさんの着姿の写真がないのが残念ですが、ビフォーアフター的な感じに並べるとしたら、上の写真をビフォーだと思う方が多いかも(笑)
それくらい、最初はシワなくきっちり着てらっしゃいました。

おはしょりを整えたり、シワを取ったりするのは、元々得意なのですから、気になったらいつでも直せますよね♪
これからは自由自在に着物を楽しめますね(^^)

結局、気にしなければ全て解決!

それは、まぁ、ちょっと乱暴かもしれませんけどσ^_^;

着物はただの衣服ですから、普段着として着るなら、はっきりいって自己満足の世界。

細かくこだわっても、人にもいいと思ってもらえるかどうかはわかりません^^;
それだったら、自分が楽しむためにこだわりを持ったほうがいいんじゃないかな〜(^^)

「できない!」「大変!」と思うことを「簡単!」「ラクチン!」に変えて、笑顔で着物を着る方が増えたら嬉しいなぁといつも思っています(*^^*)


Sさん、ご依頼ありがとうございました!



にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」「着付け」「着物・和装」のどれか一つをクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。



前記事の続きです。

「苦しい」というSさんの最大のお悩みが解決したところで、他のお悩みへ(^^)

・衿が浮く

私は衿が首から離れていた方がラクだと思いますが、体に自然に馴染んでいるか不自然に浮いているかで、印象はかなり変わります。

長襦袢なしで付け衿だけで着ることや、うそつきを使われることが多いというSさん。

私の半衿と衿芯を見て触って、何が違うか確認して頂きました。

なんたって、私の衿はシワ取りとか引っ張ることとは無縁なんです(^_-)
技術もコツも不要。
着るだけでOK!

って、自慢ではなく、難しく考えない方がうまくいくという話です(^^;;

(衿がキマるヒミツはこちらの過去記事で→)


「ちゃんとした」正絹の長襦袢じゃないからキレイに着れないと言われてきたそうですが、そんなわけありませんよね(^^;;
便利グッズは使いこなせば便利なハズ。

長襦袢、半襦袢、付け衿、それぞれの特徴を活かしてあげれば、それぞれの良さがあります。
あとはお好みや目的で使い分けるだけ(^^)



他のお悩みに続きます。

一気に書けなくてすみませんσ^_^;




にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」「着付け」「着物・和装」のどれか一つをクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。



先日の出張きもののき 。

着物はご自分で着られるけれど、苦しいのと着崩れにお悩みのSさん宅へ。

まずは、普段通りの着方を見せて頂きました。

着付け教室に通われて、本などでも研究されているSさんは、かなり丁寧にキッチリ着ていかれます。
着上がりの見た目は何の問題もなさそうです(^^)

着付け教室の先生から見たら、私よりよっぽどキレイな着姿なのでは…と思うほど(笑)

着崩れないようにと全ての紐類をしっかり締めているからか、補整の時点で既に苦しく、椅子に座るだけでもツライのだとおっしゃいます( ; ; )

そこで、私のテキトーな着方を見て頂くために、着物を脱ぎ脱ぎ。

この日の半襦袢は、元々付いている紐だけで着ていましたので、着物を脱いだ後に並んでいるのは、半幅帯と紐2本だけ。

「そんなにゆるくていいんですか!?」
「伊達締めなくていいんですか?」
と驚かれるSさんにも、もう一度着物をはおって頂きました。

紐はゆるくてもきつくてもお好みの締め加減でいいと思いますが、苦しいならゆるい方がいいですよね(^^)

ひとまず、補整はナシで、伊達締めも帯板もナシで半幅帯を巻いていきます。

補整をしない方がいいと言っているわけではなく、補整はしてもしなくても自由です。
でも、人に言われてするものではないと思うんですよね。

ご自分が気になるところを、ご自分がかっこいいと思う形に近付けるために補整をするのです。
そのためにはまず補整なしで着てみて、どこにどんな補整が必要なのか、それとも補整なしでもいいのか、ご自分で確かめるのが一番(^_-)

補整ナシの着姿を鏡で見てもらうと、特に気になるところはない様子。

伊達締めがなくても紐でおはしょりは抑えられること、帯板がなくても帯を締め過ぎなければシワも目立たないこと(エアー帯板)を実感して頂きました(^^)

私の着方を真似してほしいわけではなく、快適さと見た目のバランスを探るための実験みたいなものです。

着物を着るのに
「○○しなければいけない(してはいけない)」
「○○を使わなければいけない(使ってはいけない)」
などというキマリは何もありませんからね〜(*^^*)

長くなりそうなので、後半に続きます。




にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」「着付け」「着物・和装」のどれか一つをクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。



そういえば、

若尾文子さんの浴衣姿は帯に胸乗りまくりでしたよ(笑)

急に何の話だ?
と思われた方、すみませんσ^_^;

前記事で書き忘れたことなんですが、
「帯の上に胸が乗ると老けて見える」
と言われることがありますよね。

映画『浮草』の若尾文子さんは、老けて見えるどころか、弾けんばかりの若々しさを強調してるようにしか見えませんでした(^^)

昔の映画や写真を見ると、若い人は若いなりに、年配の方は年配なりに「帯に胸が乗った状態」の人はたくさんいます。

たくさん見て慣れてしまったからか、今ではなんとも思わなくなりました(笑)

逆に、言われなければ全く気にならなかったのに、先生に言われたり、本で読んだりして、急に気になり始める場合もありますね。

私が着物を着るきっかけになった、夏祭りでの浴衣。
補整なしで洋装用のブラのまま着せてもらったので、ウエストマークな帯になってます(笑)
着物に対して何の先入観もないときなので、ただ楽しかったことしか覚えていません。

その後、着付け教室に通い始めてから改めて写真を見て
「補整が足りない!」
と、愕然としたんですよね〜(^^;;

モチロン、今は何とも思いません。
洋装用のブラの上に浴衣や着物を着ることもなくなりましたけど^^;

何も知らなかった頃と、いろいろ知った今は自由だなぁ♪

感じ方も気になる点も人それぞれ違うから楽しいのかもしれませんね(*^^*)



にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」「着付け」「着物・和装」のどれか一つをクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。



前記事の最後にちょっと書いた1959年の映画『浮草』。

数年前に『浮草物語』(1934年・無声映画)を観て、声も音もない映画の面白さにハマり、同じ小津安二郎監督のリメイク版で音声有りの『浮草』があると知って、どう違うのかな〜と気になっていました。

気になっていた割りに、観ないまま時は過ぎ…^^;

今年の若尾文子映画祭で、やっと観ることができました(^o^)

比べるといろいろ違うけれど、いろいろ似ている
…といった感じです(笑)
わかりづらいですねσ^_^;

出演者や時代や設定など、比較するところはたくさんあるのですが、やっぱり注目してしまうのは服装です。


大正時代の絵のような着こなしが印象的だった『浮草物語』。
京マチ子さんや若尾文子さんの浴衣姿をたくさん見ることができる『浮草』。

着物をあまり着ない方からみると、
「昔の人はこんな着方だったのね〜」
という感じかもしれませんが、私はどちらも女優さんの着こなしだな〜と思いました。

男性の多い旅芸人一座の女優さんという設定だからか、湯上りの浴衣でもきっちり帯を巻いています。
寸胴とは無縁ですし、身動き取れないような着姿でもなくステキなのですが、家事や労働をする人の着方ではない。

『浮草』に出てくる近所のおばちゃんたちの浴衣リメイクっぽいシャツやアッパッパ、おじさんたちのバカボンのパパのような姿に、普段着はやっぱりこうなるよね〜と妙に安心してしまいます(^^;;

戦後十数年で真夏の設定なので、庶民の普段着はとても参考になりました♪

人から見られるための装いと快適な生活のための装い。
どちらも兼ね備えられればいいんでしょうけれど、普段はどうしても快適さを優先してしまいます(^^;

個人的には、サイレントの『浮草物語』の方が映画として面白いと思いましたが、『浮草』の時代背景が絶妙(に好み^^;)なのと、若尾文子さんが出ているのと、比較する楽しさもあるので、両方観てよかったです(*^^*)




にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」「着付け」「着物・和装」のどれか一つをクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。



先日着た着物です。



20150922065840609.jpg


単衣のお召に八寸名古屋帯でお太鼓。


午前中の仕事にこれで行き、午後は振袖着付け講習会に途中参加してきました。

講習会では、撮影用の裾の決め方と帯の結び方を重点的にやっていて、到着早々、着物を脱いで練習台に(^^)

そしてまた自分の着物を着て、夕方から別の仕事へ急ぎます。


20150922065842d3f.jpg



時間がないかも…
と、半幅帯を持ち歩いて正解でした♪

小物が多いお太鼓と違って、歩きながらでも巻き巻きできますからね〜(笑)

って、実際歩いていたわけではありませんけど(^^;;

小津安二郎監督の映画『浮草』(1959)で、帯なしで寛いでいる二代目中村鴈治郎さんが、来客の知らせを受けて、帯を急いで巻きながら階段を降りるシーンを思い出したのでした^^






にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」「着付け」「着物・和装」のどれか一つをクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。



いつの間にやら、今年も秋のブライダルシーズンに突入していた模様です。

挙式が増えれば前撮りも増えるし、準備も増える!
今年は平日の挙式も多いです。

というわけで、土日も平日も仕事仕事の日々。
ありがたいことですね(^^)


そのうち、腰紐を握りしめて気絶…とかいうネタがまた出てくるかもしれません(笑)
(気絶した過去記事はこちら)




にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」「着付け」「着物・和装」のどれか一つをクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。



奇数月の第三日曜日といえば…


20150918070346d5c.jpg



着物サロン・白牡丹さん!

店主・ひろみさんのブログで商品の紹介されています。

http://ameblo.jp/whitepeony-betty/


トルソーコーディネートも楽しみのひとつ(^^)



◆第18回日時◆
2015年9月20日(日)
午前11時~午後7時

◆場所◆
神奈川県相模原市南区相模台1-14-10あとりゑ201
(小田急小田原線・小田急相模原駅徒歩8分)

◆内容◆
・アンティーク、リサイクル着物、小物などの販売
(着物1,000円~小物100円~)

・普段着物の着付けやコーディネートのアドバイス

・着物雑談
など


直前のご紹介ですみません(^^;;

ご興味ある方はぜひ♪



にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」「着付け」「着物・和装」のどれか一つをクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。


プロフィール

きもののき Betty

Author:きもののき Betty
着付け師をしながら、普段もラクに楽しく着物を着て、着物三昧の生活から一転、オットの仕事で北海道・阿寒湖に引っ越し、アイヌ文化三昧の日々。どちらもマニアックな目線で楽しんでいます(^^)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック