FC2ブログ

そうそう、前記事で書き忘れていた、最後にはおらせて頂いたウールのショール。

びっくりするほど軽くて柔らかくて、直接肌に触れても全くチクチクせず、スリスリしたくなる風合いで、本当に素晴らしかったです!

感動して、写真撮るの忘れました(^_^;)


今は、絹の着物がワンコインで買えてしまったりする時代で、それが現代の新しい絹より着心地がよかったりするものですから、今の中古着物市場もあと何年続くか…と考えると、古くてステキな着物を見つけたときに手に入れておきたい衝動を抑えるのが難しかったりします(笑)
でも、数は少なくても「これだ!」と思うものに出会えて、それを大事に長く使えることの方が幸せだろうなぁ。


布愛に溢れた方の手で作り出されたものはこうも違うのか!
と思い知らされたぺんぎんさんの個展(モチロンいい意味で)でした(^^)


にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」「着付け」「着物・和装」のどれか一つをクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

スポンサーサイト




ぺんぎんさんの個展の続きです。

入ってすぐに目に飛び込んできたものは、こちら。


20151027071024b4a.jpg


色と形が楽しい!
フェルトの襟巻きです。


近付いてみると…


201510270710233da.jpg


四角い部分は胴裏を染めたものなんだとか。


フェルトって生地の種類だと思っていましたが、「フェルトする」とか「フェルト化」という状態を指す言葉もあるんですね。

知識がないまま見てもステキな作品たちですが、仕組みを教えて頂きながら見ると、さらに楽しめます(^^)


201510280441492d7.jpg


上の写真の、右列 上から3番目のベージュの四角は、他の部分に比べてかなりフェルト化が進んでいる状態(言葉の使い方合っているのか?)。

この写真ではわかりづらいですね(^^;;


こちらもステキでした!


2015102804444907a.jpg


フェルトで柄を描いてあります。

フェルトって面白いなぁ。

貸切状態のギャラリーを堪能した後、お食事もご一緒させて頂き、積もる話を(^^)

なんだか、自分のことばかり話していたような気がします(^^;;


ぺんぎんさん、遅くまでお付き合い頂いてありがとうございましたm(_ _)m




にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」「着付け」「着物・和装」のどれか一つをクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。



ぺんぎんさんの個展、染・紡・織 展 にお邪魔してきました。


個展のお知らせを頂いて、フェルトの羽織はゼヒ見たい!と思っていましたが、今月はとにかく休みがない(^^;;
スケジュール帳とにらめっこしてみても、18:00前に行ける日はなさそう>_<

そんな中、昨日はたまたま仕事が世田谷で、終わってすぐに電車に飛び乗ればなんとか18:00に経堂駅に着く!

って、この時点ですでに間に合っていませんよねσ^_^;

ぺんぎんさん、ご無理を言ってすみませんでしたm(_ _)m



ギャラリーの奥へ進むとフェルトの羽織を着たボディちゃんが!


早速はおらせていただきました。


201510270710279c2.jpg


軽くてあたたかくて優しい着心地(^^)


リバーシブルです。


201510270710262af.jpg



もう一枚は広衿仕立て。


20151027071028c4b.jpg


羽織紐も使えますし、ボタンで留めることもできます。
滑らないので留めずに前を合わせるだけでもよさそうです♪

サイズピッタリだ(笑)


「フェルトで服を作る人はたくさんいるけれど、羽織を作った人はいないんじゃないか」
とぺんぎんさんはおっしゃっていました。

着物にも洋服にも使えそうでいいですね〜(*^^*)


他にも気になるものがいろいろありましたよ。
続きはまた後で。


フェルトの魅力が溢れる個展は11/1(日)まで。
詳細はぺんぎんさんのブログをご覧ください。

ぺんぎんの台所から




にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」「着付け」「着物・和装」のどれか一つをクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。



土日のブライダルの仕事が無事に終わってホッとする月曜日。

先週末もいろいろありました。

想定外のできごとがあるのが当たり前で、それでもなんとかするのが当たり前、の仕事(^^;;

挙式・披露宴は分刻みで動きますから、件数が多いと、走り回っているうちに気付けば夕方。
一日があっという間です。

美容室は人数こそ少ないですが、先輩にも後輩にも恵まれているので、毎回乗り切れているのだと思います(^^)

それぞれタイプも得意分野も違うからこそ、チームとしてはうまくいっている気がします。


そして今日は一日デスクワーク。

時間がなかなか過ぎません(笑)


前にも書きましたが、時間に追われてドタバタしている方が確実に向いているようですσ^_^;





にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」「着付け」「着物・和装」のどれか一つをクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。



前記事の出張きもののき で着た着物です。


20151025054319613.jpg



縞大島に博多の半幅帯。

この日は仕事で3カ所移動があり、着物→黒スーツ→着物と着替え、帰宅後に撮ったもの。

急いで着替えたのがわかるざっくり感ですね〜(^^;;

元々体に沿わない着物ですから、いつも空気を抜くとかシワを取るとか考えずに着てますけど。

時間があってもなくてもざっくりってことですね(笑)





にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」「着付け」「着物・和装」のどれか一つをクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。



前記事の続きです。

なごや帯の角出し風にチャレンジしてみて、帯締め・帯揚げを使うならお太鼓でもいいかな、と思われたOさん。

ポイント柄のなごや帯で、お太鼓の復習です。

ここで前で結んで後ろに回すためのオリジナル秘密兵器登場!
体にぐるりと巻く帯板よりラクそうでした♪

着物用の便利グッズはたくさんありますが、何のためにどういう理屈で使うのかを理解すれば、わざわざ買わなくても家にあるものが活躍してくれたりしますね。

お太鼓の柄を見ながら、
「小さめのほうがバランスがいい気がします」
と作られたお太鼓。


20151024072213b93.jpg



手順は問題ないけれど、帯枕の紐が苦しく感じるということで、下に引き抜く方法と、結び目を平らにする方法を試してみました。
少しラクになりましたが、着物に胸紐を使わないOさんにとって、帯枕の紐は違和感の塊のようです。

前回、お太鼓の作り方をクリアしてすぐに、実際にお出かけされたところ、動きづらかったり、窮屈だったりと、あまり快適ではなかったのだとか。

その後、お仕事で京都に出張されたときは半幅帯で快適に過ごせたと笑顔で話してくださいました(^^)

お太鼓の練習をすることで、お太鼓が着物の絶対条件ではないと実感される方は多いです。

着物を着ることとお太鼓を背負うことはセットではありませんからね〜(^_-)


これからも、楽しく着物を着て頂ければ嬉しいです。
ご依頼ありがとうございましたm(_ _)m





にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」「着付け」「着物・和装」のどれか一つをクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。



先日、出張きもののき 2回目のご依頼を頂いたOさん。

(1回目のときの記事
初めてのお太鼓、1時間でできました(^^)

帯は苦労して結ぶものではありません(^_-))


今回は「なごや帯の角出し」をご希望でした。

2回巻いて結ぶところまではどれも同じ。

手順を説明していると、
「あれ?帯締めって使うんでしたっけ?」
とOさん。

あ、本来の角出しは帯締め要らないんですけど、なごや帯の角出し風のときは使うんですよね。

なぜ、帯締めが必要なのか?

なごや帯は基本的にお太鼓用に作られているため、本来の角出しをやろうとすると、短かかったり、お太鼓柄が出なかったり、裏がいかにも裏地という感じで出したくなかったり(笑)

私がそのとき巻いていた半幅帯で実演しながら、角出しの説明をしていくと、
「半幅帯のとき、その結び方よくやってます!」
とのこと。

半幅帯を2回結んでらっしゃるのなら話が早い!

あとは帯揚げで持ち上げれば終了です♪

え?それだけ?

はい、それだけです(^^)


Oさんはちゃんと角出しのイメージを持ってらして、なごや帯で角出しができればお太鼓より小物が少なくてラクそうだと思われていたんですよね。

事前に「なごや帯」と聞いて、私が勝手に角出し風のことだと勘違いをしてしまっていました>_<
申し訳ありません。


結局、帯締めを使いたくないOさんにとっては、なごや帯で角出し風を作るよりお太鼓の方が簡単…という結論になったのでした^^;


続きます。




にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」「着付け」「着物・和装」のどれか一つをクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。



先日、某レンタル着物店の成人式の前撮りの着付けをした着付け師仲間から聞いたクレームの話です。


前撮り後、ご家族とお食事に行かれたお客様。

苦しくもなく、お食事もたくさん召し上がったそうです。

それはよかったですね〜(*^^*)


…と言いたいところですが、そうはならなかった>_<


「着物を着てあんなに食べられるなんておかしい!」
「振袖を着ているのに苦しくないなんて、着付けがしっかりしていないからだ」
「そういえば帯も下がってる」

などと、ご家族から連絡があり、撮り直しになったそうです。


そのレンタル店は、前撮り用の着付けの基準も厳しめで、着付け後にチェックする係がOKを出さないと撮影しませんし、撮影場所にもお直しする係が控えています。

当然、仕上がりはビシッとしています。

実際、できあがった写真を確認したら、誰が見ても問題ない着姿だったそうです。

お客様はいろんなご意見・ご感想をお持ちになりますが、それが全て即クレームになるわけではありません。


お客様が「着物は苦しいのが当たり前」と思われていることも悲しいですし、
写真を確認する前に、お客様がおっしゃった言葉をすぐにクレームと受け取り、
「○○が着付けたお客様からクレームが出た!」
と着付け師の責任にしてしまったお店の対応も悲しいなぁと思ったできごとでした( ; ; )





にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」「着付け」「着物・和装」のどれか一つをクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。



ぺんぎんさんから、個展のお知らせのハガキを頂きました。



20151019083109f73.jpg


ハガキなのに(しかも、ハガキを撮影した画像なのに)、なんて立体的なんだろう!
色もステキ!
と、見ていて飽きません(^^)


フェルトの羽織、見にいきたいなぁ!


いつも着物のことばかり書いていますが、ファッションとしてオシャレだから、というよりも、本当は布そのものが好きなのかもしれません。

色柄に惹かれるもの(見た目)、体が喜ぶもの(素材、肌触り、快適さなど)が、たまたま洋服より着物に多いから着ているのかなぁと。


染・紡・織 展は10月24日(土)から11月1日(日)まで。(12時~18時)
小田急線 経堂駅北口 Garage-B にて。


詳細はぺんぎんさんのブログをご覧ください。

ぺんぎんの台所から





にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」「着付け」「着物・和装」のどれか一つをクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。


前記事の続きです。

Kさんからのメールには
「お祭りのとき、祖納集落の方はよく着物を着ます」
と書いてありました。


20151017011818780.jpg



こちらは旧盆の様子で、女性はスディナという着物を着ているそうです。


20151017012225379.jpg


スディナ!

聞き慣れない単語なのでちょっと調べてみると、琉球の伝統衣装なのだそう。

苧麻で織られていたり、アオザイのようにスリットが入っていたり、ゆったりと紐でとめる着方だったり、と、見たことがなくても、暑い日を涼しく過ごせる衣服だというのがわかります(^^)

スディナのことを調べていて、数年前、出張きもののき でお会いした沖縄の方を思い出しました。

「春のお茶会に袷じゃ暑いと思って単衣で行ったら、『5月までは袷ですよ』と言われてしまいました。
春といっても25℃くらいある日だったんですよ。
お茶は習い続けたいけど、着物のキマリ通りだと暑くて耐えられそうにありません。」
とおっしゃっていたのです。

沖縄でも袷だ単衣だと、それがキマリゴトのように言われていることを知って衝撃を受けました。

私はお茶のことには詳しくありませんが、夏日に袷の着物を着てお太鼓しょって、汗だくで参加するお茶会は想像するだけでも辛そうです>_<

逆に、エアコンをガンガンに効かせて袷の着物で耐えられる温度にしたとしても、それはそれでどうなの??と思いますし…。

まぁ、数年前の話ですので、今はそんな無茶な衣替えはなくなっているかもしれませんが。


やっぱり、衣服は快適な暮らしに沿うものがいいですよね〜。

暑い地域では少しでも涼しく、寒い地域では少しでもあたたかく。

スディナいいなぁ♪




にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」「着付け」「着物・和装」のどれか一つをクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。


プロフィール

きもののき Betty

Author:きもののき Betty
着付け師をしながら、普段もラクに楽しく着物を着て、着物三昧の生活から一転、オットの仕事で北海道・阿寒湖に引っ越し、アイヌ文化三昧の日々。どちらもマニアックな目線で楽しんでいます(^^)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック