FC2ブログ

前記事の続きです。

「衣えらび」終了後は、仙石宗会頭の講演会・「神宮の森を見ながら『楽しいお話とお食事の会』」へ。

装束を脱ぎ自分の着物に着替えて急いで移動します。

早朝にコーヒーを一杯飲んでから、8時間ほど飲まず食わずだったので、ウーロン茶がものすごーく美味しかった!(笑)

あ、お食事ももちろん美味しかったです♪

帰りがけに声をかけて下さったYさんとCさん。
このテキトーなブログをいつも読んで下さっているそうです。
ありがとうございます!

岩手からいらしたと伺って、「あ〜!」と勝手に納得。

荘司先生が「いつも岩手から着物セミナーに参加されている方」の話を食事中にされていたので、私の中で話が繋がったのです。

職場でもキレイな着付けで定評があったYさんは、着付けのプロとしては大先輩の方。

荘司先生の成人式直前ランクアップセミナーに2年連続で出られて、今年の成人式ではそれまでのキレイさに、さらにスピードがプラスされて、誰よりもたくさんのお嬢様のお支度をされたのだとか。

ベテランの方のあくなき向上心に感動しました(*^^*)

荘司先生のファンが全国各地にたくさんいらっしゃることは知っていましたが、実際にお話を伺うと刺激になりますね(^^)

帰路、途中までご一緒させていただいたYさんとCさん、ありがとうございました!





にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」「着付け」「着物・和装」のどれか一つをクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。


スポンサーサイト




昨日は衣紋道髙倉流 たかくら会 東京道場のイベント「源氏物語 衣(きぬ)えらび 藤壺入内(ふじつぼ じゅだい)」に参加するため明治神宮へ。



20160330140106353.jpg




2016033013550276e.jpg

(画像は衣紋道髙倉流たかくら会東京道場 Facebookより)



入内の儀式のときの藤壺の衣裳を女官たちが選ぶ場面を再現した装束劇なのですが、藤壺は出てきません(笑)

色とりどりの衣を重ねてみては、「この色もいい」「あの色もステキ」と藤壺の装束を楽しく選ぶ女官たちの賑やかなやりとりなのです。


私も女官の役を頂いて、「紅梅の匂い(こうばいのにほひ)」という装束の中の一枚を運ぶ係をしてきました。

女官役は袿(うちき)姿で、典侍(ないしのすけ)役の方が十二単姿で登場したのですが、本来は十二単(というより、唐衣と裳)は自分より身分の高い人の前に出るときの装束なので、身分が高くなればなるほどラクで身軽な格好でよかったのだそうです。

でも、明治以降、十二単(五衣・唐衣・裳)は皇后様や皇族妃殿下の正装となり、平安の頃とは逆になったのだとか。

平安の頃からある装束ですが、ずっと同じというわけではなく、いろいろな流行りやキマリを経て、現代にも残っているんですね。

ご来場頂いたみなさま、本当にありがとうございましたm(_ _)m


また9月26日(火)には、京都市 ロームシアター京都サウスホールにおいて、装束劇 源氏物語 「桐壺」が開催されます。

チケットお申し込み・お問い合わせは下記までどうぞ。

衣紋道髙倉流たかくら会東京道場
03-5459-0075

ロームシアター京都 チケットカウンター
075-746-3201







にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」「着付け」「着物・和装」のどれか一つをクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。



先日着た着物。



20160329062007f34.jpg


色無地に袋帯です。


フォーマルっぽいのに裸足σ^_^;

白足袋は出かける直前に履きます。
黒足袋は…
やっぱり直前が多いでしょうか。
寒かったら最初に履きます。
あとはその日の気分で(笑)


二重太鼓の作り方忘れてるんじゃないかと思うほどお太鼓は久しぶりでしたが、手順を忘れるわけはありません(^^;;

いつもお客様の背中でお太鼓作っていますからね〜(^_-)


「昔教わったけど、お太鼓は忘れてしまいました」
という方、たまにいらっしゃいます。

そんなときは
「忘れるような手順は、思い出さなくていいかもしれませんよ」
と言ってしまう私(笑)

お太鼓だけが帯結びではない。
というより、無限にある帯結びの一つでしかないお太鼓を無理に覚えなくてもいいのです。

毎日お太鼓で過ごしたいなら、すぐに慣れて忘れようがないですし、お太鼓はよそ行きのときだけというなら人に任せた方が早くてラク

…だと思います(^^)






にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」「着付け」「着物・和装」のどれか一つをクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。



最近、着物写真を撮っていないなぁ。
と、ケータイのアルバムを見てみると、




20160326075547108.jpg


今月の寝間着物は絹もの3枚を着回していますが、写真はこれだけでした(^^;;




オットのお客様が泊まりに来られたときはこんな感じで。


2016032607554856d.jpg


これも何度もブログでご紹介してますしねσ^_^;




出かけるときは仕事着黒スーツばかりでしたし…。


帯の出番がありませんね(^^;;


来週はお出かけ着物を着るイベントがあり、久々に半幅ではない帯を巻く予定。

出先での超早着替えが求められるので、どの帯をどう巻くか考え中です(笑)




にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」「着付け」「着物・和装」のどれか一つをクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。



今月はブログの更新もサボりがちですみません。

卒業式のお支度と挙式や挙式の前撮りが重なる日々が続き、ちょっと書いてもまとめ切らずに寝てしまう日々(^^;;

そんな早朝仕事も今日でひと段落。

と思ったら、またブライダルの週末がやってきます。

卒業式のお支度、挙式の前撮り、週末の準備…
今日もあっという間に一日が過ぎそうです(^^)




にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」「着付け」「着物・和装」のどれか一つをクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。



卒業シーズンにしてはノンビリしていた先日の朝のできごと。

シャワーを浴びて、コーヒーでも飲もうかな…と思っていたところに、お世話になっている美容室の店長さんから電話が!

早朝の電話ってドキッとしますよね〜(^^;;

まさか、何か依頼受けて忘れてたりしないよね?
と思いながら出ると…

「朝早くすみません!
これから袴の着付けをお願いできませんか?」

ヘアーセットだけのご予約だったお客様が
「やっぱり着付けもお願いしたい」
とおっしゃっているとのこと。

希望仕上げ時間は7:30。
時計を見ると6:10。

シャワーを浴びたばかりだったので、とりあえず髪だけザッと乾かし、家を出たのが6:28。
一駅隣の美容室に着いたのが6:53。

は〜、これなら間に合う。

若干息切れ気味でしたが、急いで着物一式を確認します。

店長さんは、かなり頑張ってヘアーセットに時間をかけて下さっていたようで、お客様をお待たせせずに着付けに入れました(^^)

お客様を送り出した後、
「助かりました!
ありがとうございます!」
と言う店長さんの視線は私の頭に…。

髪の毛が半乾きのまま自転車こいだり走ったりしたので、ちょっと(かなり?)変だったのでしょう(^^;;

「あの、よければブローくらいさせてもらいますので」
と言って下さり、ちゃっかりキレイにしてもらいました。

この日は夜まで予定ビッシリだったのですが、店長さんのブローのおかげで気分よく働けました(*^^*)

ありがとうございました!





にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」「着付け」「着物・和装」のどれか一つをクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。



月に数回お手伝いに行っている会社での話です。

そこでバイトをしている東大生Fさんに
「Bettyさん、最近オススメの漫画ってありますか?」
と突然聞かれました。

「へぇ〜、Fさん、漫画好きなの?」

聞けば、美術教師のお母様は若い頃漫画家を目指してらっしゃったそうで、ご自宅にあるたくさんの少女漫画を子供の頃から読みあさっていたのだとか。

そして、お父様の影響で相対性理論やらビッグバンやら理系の難しい本も読んでいたそうです。

ちょっと興味深い家庭環境だぞと思い、
「子供の頃『勉強しなさい』って言われたことある?」
と聞いてみると

「1回もないですね〜。
そんなに勉強ばっかりしてたら飽きちゃうよって母は言ってました(笑)
Bettyさんは?」

「うちも言われなかったなぁ。
『学校で勉強してきたんだから家では家の手伝いをしろ!』っていう親で、宿題もコソコソやってたよ(笑)」

「あ〜!わかります!
私もコソコソやってました。
漫画は堂々と読めるのに(笑)」

ダメと言われるとやりたくなるし、やれと言われると嫌になるものなのかもしれませんね(^^;;

来週東大を卒業して、来月から大手過ぎる企業に就職するFさん。

今まで仕事の話しかしたことなかったのですが、一緒に仕事をする最後の日になって、漫画の話と勉強の仕方の話でしばし盛り上がったのでした(^^)


Fさん、お世話になりました。
今後のご活躍を心より祈っています(*^^*)



にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」「着付け」「着物・和装」のどれか一つをクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。



前記事の色無地の寸法はほぼ女並。

着物を自分で着る人で、小柄な人で…となると、譲る相手も限られます^^;

Oさんが好きな色ならいいなぁと思いながら見せにいくと、
「こういう色けっこう好き」
と言って、早速はおってみてくださいました。

それを見ていた他のスタッフも
「Oさん、その色似合うよ」
と言ってくれ、ご自分でもそう思われたようです(*^^*)

ただ、普段ご自分で着物を仕立てる際の寸法と比べるといろいろと小さめなのが気になる様子。


Oさん:「私は裄65cmなんだけど、ちょっと短くない?」
(この着物は63cm)

私:「全然気にならないですよ〜。
もし気になるなら衿を広めにすればちょうどよくなりますし」


Oさん:「いつもは身丈160cmくらいで作るのよ」(この色無地は152cm)

私:「フツーにおはしょり出てますし、逆に何の始末もしなくてピッタリな長さですよ〜」


Oさん:「身幅がギリギリかしら?
今で背縫いが真ん中にくるわ。」

私:「素晴らしい!
ピッタリじゃないですか!
補整なしで着てください(^_-)」


と、充分着られることをアピール。
ちょっと強引な感じがしないでもないですが…(笑)


大手着物教室の先生をされているOさんと私のサイズ感覚はちょっと(だいぶ?)違うかもしれませんσ^_^;

でも、家紋が入っていない色無地は気軽に着られそうということと、何より好きで似合う色だったので、
「ホントに頂いちゃっていいの?」
と着る気になってくれたOさん。


お教室でこの着物を着て
「小さめの着物は着やすいのよ〜」
と生徒さんに伝えているところを想像したりして、勝手に楽しくなったのでした(^^)





にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」「着付け」「着物・和装」のどれか一つをクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。



頂きものでとても状態のいい色無地。

生地もいいし、地紋もステキ!
サイズもピッタリで着やすい!

でも、着てみるとどうにもしっくりきません^^;

うーん。
いい感じの生地なんだけどなぁ。

色無地は色が重要だと思うので、顔に合わない色無地は持っていても宝の持ち腐れ。

色を変えればいいのでしょうが、お気に入りの色無地は他にも何枚かありますので、染め替えてまで着るとなるとかなり先のことになりそうです。

なんとなくもったいなくて手放せないまま放置していました。

でも、この状態こそもったいないですよね。
着物もかわいそう。

というわけで、ホテルへ持っていき、着てもらえそうな方に譲ることに。

何人かに見せて、衣裳スタッフのOさんが引き取って下さいました。

気に入ってもらえたみたいでよかったよかった(*^^*)





にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」「着付け」「着物・和装」のどれか一つをクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。


前記事の続きです。

90代のおばあさまがお持ちになった着物一式を確認させて頂くと、襦袢が2枚入っていました。

ピンク系で柄もかわいいモス長襦袢と、刺繍半衿の付いた半襦袢。

モス襦袢には半衿が付いておらず、半襦袢の方は袖と裾除け部分がありません。

先輩Mさんと一瞬顔を見合わせて
「こちらを使わせて頂きますね」
と選んだのは筒袖半襦袢。

別にピンクだってモスだっていいのですが、撮影のための着付けですから、欲しいのは袖より衿ですよね(^_-)

おばあさまは藤色のお腰をお持ちでしたので、二部式襦袢の下がなくても困りません。

色も素敵だしウールマーク付き!
ポリ襦袢よりよっぽどいい!

今ではけっこう貴重なのでは?と個人的に欲しくなってしまいました(笑)


ペア着付けでしたので、いらっしゃってから美容室を出られるまで20分ちょっと。
その短い時間で、おばあさまの歴史をダイジェストで語れるのでは?というくらい、たくさんお話をしてくださいました(^^)


先輩Mさんの着付けは補整一切せずに自然な仕上がりでしたし、手を後ろに組んで若干外股でスタスタと歩かれるおばあさまの姿に惚れ惚れ(*^^*)

本当にかっこよかったです。





にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「ふだん着物」「着付け」「着物・和装」のどれか一つをクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。


プロフィール

きもののき Betty

Author:きもののき Betty
着付け師をしながら、普段もラクに楽しく着物を着て、着物三昧の生活から一転、オットの仕事で北海道・阿寒湖に引っ越し、アイヌ文化三昧の日々。どちらもマニアックな目線で楽しんでいます(^^)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック