FC2ブログ

十二単のお服上げに着付けの基本が!

29日は衣紋道 高倉流 東京道場で開催された「ふたあいの会」へ。
十二単などの装束お服上げ(着付け)を見せて頂きました。

解説の中に、聞いたことのない言葉がたくさん出てくるので、メモがひらがなだらけです(^^;;
漢字を調べないと…ですね。

「お方様(装束をお召しになる方)に負担をかけないようにすることが大事です」
と言われていて、着付けの基本がここにあった!と感動しながら見ていました。

20131101004601b6d.jpg


何枚も重ねていく十二単はかなりの重量だと思いますが、窮屈そうでも苦しそうでもないんです。
紐1本でとまっているのですからスゴイですよね(^^)

今まで感じていた着付けの矛盾も1000年遡ればアッサリと答えが見つかりますね(*^^*)



お服上げの実演の後は、お抹茶を頂いたり、投扇興や双六といった昔の遊びを体験したり♪

お茶と可愛らしいお菓子たち。

201311010045594cb.jpg

落雁は数十年ぶり?でしたが、おいしかったです(^o^)


投扇興。

20131101004603333.jpg

思ったより難しい!
「当たった!」と思ったら、点数にならない形「花散里(はなちるさと)」だったり( ; ; )
落としたあとの形が重要なんですね。


双六。

20131101005707107.jpg


今の双六とは全く別の遊びでしたー。



ちゃっかり十二単体験もさせて頂きましたよ〜σ^_^;

20131101004605900.jpg



荘司先生のセミナーに参加するようになって衣紋道を知ったのですが、一気に関心が高まりました。

荘司先生は、私のことを
「セミナーのときに一番早く来る人」(笑)
とすっかり覚えて下さって、申し訳ないくらいいろいろとご配慮頂きました。

本当にありがとうございましたm(__)m




にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


最後まで読んで下さってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
上の「着付け」「着物・和装」をクリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

うわぁ~素敵です。
私も一度着てみたいです。
昔顔だから似合うと思うんだけど(笑)

Re: タイトルなし

スイミイさん、おはようございます(^o^)/

昔顏っていうんですか(^^)
昔のもの大好きなので、その表現に反応してしまいました(^^;;

スイミイさんはきっとお似合いになりますよ〜!
またこういう機会があったら、お知らせしますね(*^^*)
プロフィール

きもののき Betty

Author:きもののき Betty
着付け師をしながら、普段もラクに楽しく着物を着て、着物三昧の生活から一転、オットの仕事で北海道・阿寒湖に引っ越し、アイヌ文化三昧の日々。どちらもマニアックな目線で楽しんでいます(^^)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック